2018年04月22日

仰向けになって、正しい腕のポジションを感じる

レッスン前の体の使い方教室で、仰向けになった状態で
「手を天井のほうに向けて」
と指示されることがあります。
そこから手や腕をあれこれ動かしていくのですが
手を天井に向けるにあたって言われるのが
ただ床に置いた手を天井に向けて上げるのではなく
まずおへその上に手を置いてそこから口まで手を動かし
口まで来たら手を天井に向けて上げていくというもの。

もう少し詳しくいうと、まず仰向けで手のひらは天井のほうを向いている。
その状態でたとえば右手を天井に上げる場合、
まずは右手のひらをおへその上に乗せる。
そのまま手のひらを口のほうにすべらせる。
体の中心線を通っていく形になります。
このとき手や腕の力は極力入れない。
肩は床につけたまま口のほうへ動かす。
そして口までたどりついたら、ゆっくり、やはりできるだけ力を入れず
手を天井のほうに向けていく。

最初のうち、この順序で上げていくことに意味があるのか不明でした。
ただ、やれと言われるのでやっていた感じ。
でも、できるだけ力を入れず、肩も上げずに動かすことを意識するうちに
これはバレエにおける腕の使い方にも通じるのでは??
と思うようになってきた。
まず大事なのは、肩はできるだけ上げない。
腕は床に沿わせるように移動させ、どうしても肩を上げないと口まで行かない状態になったら
そっと床から肩を上げていく。それでも肩周辺は、できるだけ床につける。
床あるいは重力に体の重さを預ける感じ。
預けた力を利用して、おもむろに手を天井のほうに上げていく。
指先が天井に向いた状態で肘を外に開きながら横に曲げれば、それがアンナヴァン。
指先を外に開いていけば、アラスゴンド……といった具合。

立った場合、体を床に預けることはできないので
代わりにかかとで床をしっかり押して、体幹をしっかりさせる。
そして体幹に腕を預けるような感じで、同じように腕を動かす。
たとえばアンバーからアンナヴァンにするとき、
まさにおへその上に手を置いて、口経由で天井に向けるのと同じ動きになる。
アンバーからアンナヴァンにするとき、手は体についていませんが
沿わせるイメージは一緒。
これで無駄な力を使わず、体幹を使ったアンナヴァンになる。

体幹をしっかりさせるのは大変ですが
腕が自分で動かしているのか動かしていないのかわからないような
不思議な動かし方ができます。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

前タンジュは自転車の立ち漕ぎと一緒!

前タンジュ、出すときはともかく戻すとき
脚の使い方が逆になる人が多いらしい。
出すときは、まあ前に向けて出します。
脚の筋肉を伸ばす方向といってもいい。
では出した脚を戻すときはどうかというと、
やはり筋肉を伸ばす方向に使わなければならない。
ところが出すときは伸ばしたから、戻すときは縮める
といった使い方をする人が多い。

戻すときも脚を伸ばす。
不思議なようですが、ここで先生が持ち出したのが自転車。
自転車を漕ぐとき、脚はひたすら押すだけ。
押してペダルがいちばん下に行ったからといって
じゃあ今度は上に上げようとは思わない。
ペダルはつねに押し続けている。
まあ現実には、下げるほうのペダルに力というか体重をかけて
上げるほうのペダルに重心をかけない、ということでしょうが
ともあれ、気持ちとしては、どちらのペダルも押している。
それでも自転車のペダルはちゃんと回転する。
だからタンジュも、つねに前に出すことだけ考えていても
ちゃんと戻ってくる、というのが先生のイメージ。
こまかい理屈は抜きに、確かに自転車をこぐイメージでタンジュすると
戻すときも筋肉を伸ばしつづけるというイメージが湧きやすい気がします。
それも座って漕ぐというより、立って漕ぐイメージ。
立ち漕ぎでペダルを回すようなイメージで前タンジュをする。

一つのヒントになる気がします。
posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

床をいちばん押しやすいのがアンバー!

「床を押して!」は体の引き上げと切っても切れない関係。
余分な筋肉を使わず、骨格の構造を利用してで立つ。
ただし腸腰筋だけは、しっかり使う。
床を押すほど、その反動で体は逆に引き上がる。
不思議ですが、たまに実感できるとき
なかなかの感動があります。

この「床を押して」に、じつは腕のポジションも大きく関係というか関与するようです。
腕のポジションにはアンバー、アラスゴンド、アンナヴァン、アンオーがありますが
このなかでもっとも床を押しやすいのが、アンバーだそうです。
まあ腕が下にあるのだから、重力に逆らう必要が、他のポジションよりないですよね。
「床を押す」も、結局は重力を十分使いましょう、ということでもあるし。

バーレッスンでは最初、片手バー、片手アンバーから、あるいは両手アンバーから
たいてい始めるのは、アンバーでまずしっかり床を押す
という意味があるんでしょうね。
終わりもたいていアンバーですが、これも最後に床を押せているか
ちゃんと確認しましょう、という意味があるんでしょうね。
センターしかり。

そんなことをいまさら気づいた、迂闊な私でした。
アンバー、もっと大事にしなければ!ですね。
posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | ピルエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク