2017年07月26日

「視線を遠くに」する理由

視線と体の動きは、かなり連動しているそうです。
視線とは、黒目の向き。
たとえば右に顔を向けるとき
まず先に黒目を右に動かして、それに続くかたちで顔を動かすと
力みなく顔を動かせます。
逆に黒目を左に動かしながら顔を右に動かすと
けっこうやりにくい。
だからピケターンなんかでも、右回りなら
つねに黒目を右に動かしながら回ると
より回りやすくなるらしい。

視線と体の動きが連動しているというのは
黒目の動きと背骨が連動しているということでもあるとか。
黒目を動かすと背骨もつられて動くので
同じ方向に回りやすくなるというわけ。

その流れで、たとえば5番ルルベで立つとき
あるいはアラベスクで立つときなど
よく「視線を遠くへ」と言われます。
近くを見るのではなく、遠く。
角度的には、やや上。
見た目的にもきれいですが、解剖学的にも理に適っているらしい。
上述のように、黒目と背骨が連動しているから。
実際、遠く、やや上あたりを見ると、背骨がす〜っと伸びる感じがします。
ぞれだけ体が引き上がり、軽い感じでルルベやアラベスクを
キープしやすくなるということのようです。
逆に近くを見ると、なんか背骨までギュッと縮んでしまう気がします。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 体の引き上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

鏡を見たら体の引き上げ!

レッスン仲間の一人が、いきなり先生に質問。
20代後半、子供が一人いる女性の先生ですが
「先生の背中、とってもきれい。どうして?」
みたいな。
そりゃあまだ若いし、小さい頃からバレエやってるんだし
当然でしょう……みたいな気もしますが
先生、ちゃんと答えてくれました。

バレエだけだと、絶対に無理!
レッスンの時間なんて、1日1時間半程度。
バレエしてない時間のほうが断然長いんだから
ふだんから料理するときとか歯磨きするときとか
とにかく体を引き上げるようにしている
とのこと。
とくに歯磨きのときは、鏡に向かって磨くので
姿勢をいつも気にしている。
だいたい鏡に向かって横を向いて、
体がまっすぐか、お腹が出ていないかちぇっくしながら
磨いているとか。
歯磨きする時間が長い人には、かなり効果がありそうですね。

街を歩いていて鏡に自分の姿が映っていたら
やはり意識して姿勢をよくする。
そんな話をしてくださいました。

「じゃあ座っているときは?」
せっかくなので尋ねてみたら
「座っているときは姿勢悪いです(笑)」
と。
四六時中ではないようです。
それでも立っているときだけ、鏡を見ているときだけ意識するのでも
ずいぶん違うんでしょうね。
とりあえず私の場合、料理するときの体の引き上げを
気にしてみたいと思います。
このときが一番、隙だらけな気がするから。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 体の引き上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

後ろクペから後ろパッセにデベロッペするには

昨日の投稿で、後ろクペは動足のかかとを軸足の足首につける
という、いまさら(?)な話を書きましたが
ここで新たな疑問。

後ろクペからデベロッペするとき、
つまりパッセになるとき。
足首にかかとをつけたとして
そのままかかとを軸足に沿わせる形で膝まで上げるの?
ということは後ろパッセは膝の後ろにかかとが来るの?
なんか変じゃね??
みたいな疑問。

ここは素直に先生に聞いてみることにしました。
「後ろクペは軸足の足首に、クペした足のかかとをつけますよね」
「そう」
「そこからデベロッペするとき、かかとを軸足につけたまま上げるの?」

答えは、違いました。
パッセの位置では、膝の後ろに来るのはつま先。
「ということは、かかとから徐々につま先に移行するということ?」
再度質問したところ
「というよりクペしたあと、膝をアンドゥオールしながら足を持ち上げると
 自然に膝の後ろにつま先が来る」
ということでした。
実際、後ろクペから膝を回しながらクベした足を上げていくと
自然に膝の後ろにつま先が来ました。
足先でどうこうしようと思うから、複雑なことになるんですね。
膝を外側に回す
と考えれば、クペした足は自然に適格な動線を描いて
最終的に膝の後ろにつま先が来るようになるみたいです。





posted by コロコロ at 18:31 | Comment(0) | クペ、パッセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク