2018年05月24日

アラスゴンドから脚の使い方も考えてみた

少し前、古武術研究家の甲野善紀さんの「虎ひしぎ」という技を参考に
アラスゴンドのときの腕の使い方についての記事を書きました
腕と脚は共通点も多い。
ということはアラスゴンドの応用で、正しい立ち方もわかるのでは?
と考えてみた。

「虎ひしぎ」では、まず手を手首ほどの棒を持つ形にする。
これって足でいえば、甲を出した状態。
で、その手の親指を小指側に内旋させるって、
タンジュの反対の脚の使い方になります。
極端なかま足と申しましょうか……。
このとき膝は体から離れるので、
内旋する力と拮抗させながら脚を軸脚につける。
つまりは1番にする。
すると不思議なことに(?)かま足のようだった足は
ちゃんとアンドゥオールになり、しかも
脚全体に、いい感じの緊張が生まれる。
しっかり立っている!という感じになります。

土踏まずもとても上がっているし、
これを左右の脚それぞれで行うと、
まさにこれが正解??
みたいな立ち方を実感できます。







posted by コロコロ at 18:49 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

ピルエットは両手で何かを持つように集める!

ピルエットでは開いた両腕をアンナヴァンで集めて回ります。
このときの集め方、右手か左手に何か薄いものを持っていて
それを両手で持つイメージでやるといいとか。

そういえば以前、カセットテープを片手に持ち
回るときに両手で持つようにすると回りやすくなる
という話を聞いたことがあります。
これのエアー版という感じでしょうか。

回るときに「集める!」という意識が薄い人が多いということでしょうか。
ちゃんと両手がアンナヴァンまで来ないで
開いたまま回っている人が多いのかもしれません。
とりあえず、効果のあるイメージ法だと思います。

posted by コロコロ at 18:50 | Comment(0) | ピルエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

上げた脚を降ろすときこそ注意しなければならない理由

グランバットマンで脚を上げたあと
上げるとき以上に降ろすのを丁寧に
みたいなことを言われます。
重力に逆らう上げる動作に比べ、
降ろすときは重力があるので、放っておいても降りる
……というか、落ちる。
これではダメで、自分の意志で降ろすことが大事。

と言われつつ、降ろすと落ちるの違いがいま一つ不明でしたが
わかった気がします。
上げる動作がそれなりに大変なので
降ろすとき、気を抜くと脚が緩んでしまう。
簡単にいえば膝が曲がる、というか緩む。
これでは美しくない。
自分の意志で、きれいに伸ばす。
その伸ばす延長線上に、自分で降ろす
という行為も出てくるのだと思います。
自分で降ろしたつもりでも、膝が緩んでいたら意味がない。

要は膝をきちんと伸ばした状態で、丁寧に降ろす。
こうすると軸脚もきちんと伸びて、
より体が引き上がった状態で、降ろすことにもなります。
いいことづくめ、ということですね。

グランバットマンだけでなく、デベロッペも同様。
さらにいえば、ふつうのジュテやタンジュだって
そういうことだと思います。
つねに膝が伸ばすことを考える。
伸びているかチェックする。
そんな習慣をつけたいものです。








posted by コロコロ at 19:06 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク