2017年11月19日

センターでの基本は「お姫様」

センターレッスンで、よく「もっと進んで!」
と叱咤される私たち。
踏み出す一歩が小さい、ジャンプの跳び方が小さいなどなど。
結果、こじんまりとした動きになってしまう。
「もっと大きく動く」
ことがなかなかできません。

というわけで、「追い風の中を進むように」と
先生に言われたという話を昨日の投稿でしましたが
素直な我々は(?)、「前に進まなきゃ!」という思いが強く
どうやら必死の形相で進んでいたらしい。

全員が踊り終わったあと、先生が困惑した顔でぽつり。
「クラシックバレエにおいてセンターレッスンでは、
特別な指示がない限り、『お姫さま』のつもりで踊って」。

「前に進まなきゃ!」という思いが勝ちすぎた我々の動きは
お姫さまからはほど遠かったようです。
つい忘れがちですが、バレエとは本来、優雅なものですよね。
優雅といえば、お姫さま。
個人的には、私とお姫さまほど似合わないものはないと思うのですが
クラシックバレエを習っている限り、そこは仕方ない、
というか、「やりたくないなら習いに来るな!」
という感じなんでしょうね。

とはいえ「大きく動く」と「お姫さまのように動く」の両立、
かなり難しいです。
動きはともかく、せめて表情ぐらいは、お姫さまらしい
かわいらしさと品を備えた感じを目指したいものです。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

センターレッスン、追い風で動く!

センターレッスンで、前に進む動きがよく出てきます。
ワルツとかトンベ・パドヴレ、グリッサード、パドゥシャとか、
まあ、いろいろ。
よく言われる注意が、「もっと進んで!」というもの。
どうも歩幅が小さいというか、ジャンプも小さいというか
「それじゃあセンターの真ん中までしか進んでないじゃない!」
ということになる。
ちゃんと「レッスン場の端から端まで移動しなさい」と。

先生曰く、例えるなら、
「追い風の中で進んで!」。
それが我々の動きは、
「向かい風の中で進んでいるよう」。

後ろからあおられるぐらいのイメージで動いて
ようやく先生の望む、大きな動きができるようになるみたいです。

それにしても、言われれば、少しは大きく動けるのに
なぜ言われる前から動かないんでしょうね。
それも毎度毎度……。
動きに自信がないからかも。
もっと自信をもって、堂々と踊らなきゃ!
ということかもしれません。





posted by コロコロ at 18:24 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

ピルエットの前のアラスゴンドが大事!

昨日、チャコットのダンスバンドで正しいアラスゴンドをつかむ
といった内容の話を書きましたが
じつはこれ、ピルエットをするときも大事だそうです。

ピルエットの前に4番でプリエをしますが、
このときたいてい腕はアラスゴンドに開く。
このアラスゴンドが、ダンスバンドを使うときに求められる
左右それぞれに引っ張られる感じでなければならない。
具体的には肘を遠くへ引っ張る感じ。
遠くへ引っ張れば、その分軸が強くなり、床もしっかり押せる。
そのアラスゴンドを保ったまま、肘から先だけ真ん中に集める。
つまりアンナヴァンにする。
そんな要領でピルエットをすると
アラスゴンドを最大限に利用でき
ピルエットも軸がしっかりした状態て回れるようになる。

センターレッスンでピルエットをしたとき
先生からそんなことを言われ、ダンスバンドでアラスゴンドをするときを
イメージしながら回ったところ
奇跡的にピルエット3回転が実現。
ピルエット自体、驚くほど軽い感じで回れました。
もちろん(?)ポワントではなく、バレエシューズでの話です。

もっとも「奇跡的」と書いたように
奇跡だったようで、以後、同じようにやっているつもりでも
なぜかうまくいかない。
最初の1回は無心でやったのが、よかった。
以後は、つい欲が出て、あれこれ考えてしまい
それが無駄な力みになっているのでしょう。

ともあれ、できたことはできた!
今後は再現性のあるピルエットを目指して
頑張りたいと思います。


posted by コロコロ at 19:17 | Comment(0) | ピルエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク