2015年10月31日

「肩」を感じたら首を回す

ピルエットの顔つけ、これもまた難しい問題。
ギリギリまで正面を見るとか、
正面の1点を見つめるとか、
先生によっていろいろな説明がありますが、
先日のレッスンで出てきたのが
「肩」を感じたら首を回して反対側の肩につける、
というもの。

左脚前、右脚後ろの4番ポジションから右側に回るとき、
つまりもっともよくやるパターンでいえば、
左肩が顔の位置に来るのを感じたら、
すぐに顔を回転させ、先行している右肩につけるようにする。
私としては、けっこう力を入れず、いいタイミングで回せました。

別の先生の話ですが、子どもの頃に教えられたコツとして
両肩にアンパンが乗っているのをイメージして、
左肩のアンパンを食べたら、すぐに右肩にあるアンパンを食べる。
そんなイメージで回りなさい、と。
私がその話を聞いたのは、もう何年も前の話で、
当時はパッセできちんと立つことすらできない時代だったので、
当然、首をつけただけで回ることなど無理で、
わかったような、わからないような……という感じで聞いていました。

今回、「左肩を感じたら首を回して右肩につける」という話を聞いて、
アンパンの話を思い出し、こちらも試してみました。
結果は、「アンパンを食べる」より「肩を感じる」のほうがいいみたい。
「アンパンを食べる」だと、「食べなきゃ!」と欲が出るのか(笑)、
力が入りぎみになる。
「肩を感じる」ぐらいが力が抜けて、首やその他の部分におかしな力が入らず、
素直に顔をつけて回れるようです。



posted by コロコロ at 18:58 | Comment(0) | ピルエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

少し遅れてアンバーにしてみる

昨日の投稿で、「脇を立てることが大事」といった話を書きましたが、
「脇を立てる」「背中で腕を動かす」が、もっかの大きな課題。
そんな中、「これはいいかも」と思う方法を一つ発見。

バーレッスンのプリエの練習のとき、
腕を少し遅めにアンバーにする、
というものです。

たとえば左手バー、1番ポジションで立って、
ドゥミプリエにするとき、腕はアラスゴンドからアンバーに移動します。
このアンバーにするために腕を動かすタイミングを
少し遅らせるというものです。
ふつうなら膝を曲げ始めたところで降ろすところを
アラスゴンドのまま一呼吸待ってから降ろす。

よりわかりやすいのはグランプリエのときで、
アンバーに降ろしたくなるところを少し我慢して、
極端にいえば半分以上膝を曲げたところで、
初めて降ろしはじめる。

こうすると「脇を立てている感じ」「背中を使っている感じ」を
実感しやすくなります。
沈もうとする体に反発するように腕の高さをキープするので、
そのぶん背中で腕を支える必要が出てくるからではないでしょうか。

上体が下がるのに対し、腕はむしろ上に伸びる、外に伸びる、
というイメージでいると、より自覚的に腕を動かせるようになります。



posted by コロコロ at 18:58 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

正しい腕のポジションを通るには

最近、よくレッスンを受ける先生の一人は、
なぜ大人の人たちは腕の正しいポジションを通らないのか、
かねてより不思議で仕方なかったらしい。

腕の正しいポジションとはアンバー、アンナヴァン、アンオー、アラスゴンド。
あとは、それぞれのアロンジェ形もあるけれど、基本的にこの4つのみ。
それなのに大人の人たちは、全然違う場所に腕を持ってくる。
アンバーからアンナヴァンを通ってアラスゴンドに動かしてほしいのに、
何だか見たことのない腕の動きをする(笑)。
先生的には、「なぜ正しい意外の場所を通るの?」という感じらしい。
「自然に腕のホジションを通らない?」と。

センターでよくある話で、とくに言われるのが「
腕がワイパーになっている」というもの。
たとえばトンベ・パドヴレで横に移動するとき。
右へ移動するなら、右腕をアラスゴンドからアンナヴァン→アラスゴンドに動かし、
続いて左腕をアラスゴンドからアンナヴァン→アラスゴンドに動かす。
どこにも肘を落とす動きなどないのに、なぜか落ちている。
結果、肘を起点に「ワイパーのような動き」になっている。

なぜ、そうなるのか。先生、一生懸命考えてくださったらしい。
そしてある日レッスン前に「わかりました!」と。
先生の結論は、「腋が立っていないから」。
あるいは「腋が使えていない」。
腋とは、おそらく体側部分。
ここで腕を支えていれば、肘が落ちることはない。
体側を使って腕を支えていないから、すぐに肘が落ちてしまう。

では体側とは何かというと、結局は背中。
おそらく広背筋で腕をつねに支えていれば、肘は落ちない。
結果、正しいポジションしか通らない。
つねに腋を立てている先生的には、だから意識しなくても正しいポジションを通る。
まさか大人の人たちが、みんな脇を立てていないとは思わなかったらしい(笑)。
たぶん一見、腋が立っているように見えるのでしょう。
だから問題なしと思っていたけれど、
腕のポジションを通らないことを考えると、腋を使えていないに違いない。
「だから、みんな使いましょうね」という話でした。

というわけで、最近は「腋を使う=背中の筋肉で腕を動かす」
を習慣づけようと特訓中。
暇があれば1番なり2番で立って、腕を背中の筋肉で動かしています。
野球の素振り100本!ならぬ、腕振り100本!という感じ。
ずっとやっていると筋肉も鍛えられ、また合理的な使い方がわかってくるのか
だんだん「腋を立てる」感覚もわかってきた気がします。
確かに腋を立てた状態だと、正しいポジションしか通らなくなります。
逆にいえば正しいポジションだけ通っていれば、
腋を立てるのに必要な筋肉も育ってきます。

まあ最近、こんなことばかりやっているから、昨日投稿した
「指が疲れる」という現象
も起きてきたのだと思います。
つまりは正しく使えてない(笑)。
それでも試行錯誤しながら、徐々にいい感じで動かせるように
なってきている気がします。




posted by コロコロ at 18:57 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

指で腕を動かさない

なんか不思議なタイトルになってしまいましたが、
いままで私は、まさに指で腕を動かしていたことに気づきました。

きっかけは、最近やたら指が疲れること。とくに左手。
最初はキーボードの叩きすぎかと思ってましたが、
なんか違う気がする。
さほどキーボードを叩いてない日もきっちり疲れてるし。
本を持つ手に力が入りすぎ?なんてことも考えましたが、
まあ、これも違う。

やはりこれはバレエでしょう、ということで、
自分の動きをチェックしてみた。
右はそうでもないのですが、左手の指に妙に力が入っていることに気付いた。
レッスン時に先生から「腕に力が入りすぎ」と注意されることがありますが、
肩や腕というより指に力が入っている。

なぜ、こんなところに力が入るのか考えながら動かしてたところ
結局、腕の動きを指でコントロールしようとしていることに気付いた。
本来、腕は背中で動かすもの。
ところが背中がちゃんと機能しておらず、
背中だけだと腕をいい感じで動かせない。
そこで指の力で腕の方向を変えて、
自分でイメージする方向に動かそうとしている感じ。
肘をもう少し遠くに持っていきたい。そこで指を使って
一種の「力技」のような感じで動かしている。

あるいは本来、体幹でバランスをとるべきところを
一部、指でバランスをとっているという感じでしょうか。
それで指に力が入り、妙に疲れやすくなっていたしだい。

右側はそれなりに背中を使えているので、腕もスムーズに動く。
指の力を借りる必要もなく、だからあまり疲れない。
左は背中が弱く、腕がスムーズに動かないので、指の力を借りていた。
何とか背中を使って腕を動かそうとしてますが、
これがけっこう難しい。
脚をまっすぐにした状態でしっかり床を押す感じで立ち、
床を押す力で背中をまっすぐにして、そのまっすぐな背中で腕を動かす、
といった感じ。
これができれば背中を力強く使え、腕もうまく使える。

逆に言えば、手首から先にとにかく力を入れないように注意する。
そうすればいやでも背中を使わざるを得ず、
腕を動かすのに必要な背中の筋肉も鍛えられるようになるはず。

よほど意識すればできるようになってきましたが、
これができたとき嬉しいのは、腕がすごく長く使えるような気がすること。
指の力が抜けて、腕も自然に長く伸び、
ストレスなく遠心力の力などを借りながら、
きれいなラインでアロンジェしたり、アロンジェからアンバー、
アンナヴァン、アンオーなどに持っていけるようになります。

と言いつつ、やはり指に力が入ることも多いので、
この文章を打っている左手の指が、けっこう痛かったりする(笑)。
いえ、笑っている場合じゃありませんね。
「指に疲れを感じたらやり直し!」
って感じで頑張ってみたいと思います。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

タンジュでプロムナードをしてみる

昨日に続き、プロムナードの話をもう一つ。

プロムナード、何だかんだいって、やはり難しいです。
片脚で立ったまま半回転なり1回転なりする。
ぐらつきを抑えようと、つい軸脚が曲がったり、
上げている脚が低くなったり、膝が曲がったり、甲が伸びてなかったり。
きれいなポーズで回れない一因として、
そもそもアラベスクなりアティチュードの形がズレていることもあるようです。
たとえばアラベスクでのプロムナード。
最初にアラベスクのポーズをしたときは、ちゃんとしているけれど
回転しているうちにズレていく。
きちんと軸がとれていなまま回るから安定せず、
しわ寄せが軸脚なり上げている脚にきたりする。

そのあたりをチェックするため、先生が指示したのが
上げた脚を下ろしてタンジュの状態で回るというもの。
つまり動脚を後ろタンジュの状態でプロムナードする。

動脚が床についているので安定するので、
自分の体の状態がわかりやすくなります。
脚を上げることに気をとられなくていいので、
その分、お尻がちゃんと閉じているかなど、
ほかのところにも気を回しやすい。

バーレッスンでも同じみの後ろタンジュなので、
正しい位置からズレたら気づきやすい利点もある。
つねに「タンジュ、タンジュ」と思いながら軸脚を回していく。
これがまずできなければ、
脚を上げてのプロムナードなど無理ということで、
まずは自分がちゃんとした姿勢でプロムナードをしているか、
後ろタンジュの状態で回って、チェックするのもいいと思います。


posted by コロコロ at 18:58 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

プロムナードは肋骨を正面に

センターレッスンで出てくるプロムナード。
アテールでアラベスクやアティチュードのポーズをしたまま、
同じ位置で90度とか180度とか回る。
軸脚を回転させることで回るわけですが、
このとき、まず注意されるのが
「かかとを先に動かす」というもの。
つま先から動かすのではなく、かかとを動かす。

ということで足ばかり意識しがちなプロムナードですが、
先日のレッスンで言われたのは
「肋骨がつねに真正面に来るように」
というもの。
かかとを動かして回るにあたり、
骨盤も一緒に回っていきますが、
この骨盤と肋骨の向きを一緒にする、という感じ。

それまで上半身のことなどほとんど考えておらず、
それでも何となくかかと前を意識していたら回れてましたが、
「肋骨をつねに体の真正面に」と意識する、
つまり足だけでなく上半身のコントロールも心がけることで、
安定感が全然違ってきました。

骨盤と肋骨はつねにセットで考える。
つねに意識しておく必要があることだと思うのですが、
言われないと、すぐ忘れてしまうことでもあります。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

アンドゥオールを腕で確認

昨日の投稿でも書きましたが、先生の我々に対する課題に一つがアンドゥオール。
「足を180度に開きましょう」
というもの。
とはいえ、ただ足首を回して180度にしたのでは、
足首に負担がかかりすぎてケガのもと。
膝を回す場合も同じで、やはりケガや痛めるもと。
大事なのは股関節から回しての180度。

とはいえ言うは易し、行うは難し。
そもそも股関節からのアンドゥオール、みんなわかっているの??
という疑問が先生の中で芽生えたのか、
アンドゥオールについて腕を使って説明。

両腕をパラレルの状態で伸ばして、甲を上にした状態で左右の手をくっつける。
このとき手もパラレルになってますが、これを180度に開く。
ただし手首だけ回して180度にしようとしても限界がある。
だから「こうじゃなくて、こう」と、実際に説明。
ただブログでは「こうじゃなくて、こう」ではわからないので(笑)、
言葉にして説明すると、
ただ手首だけ外側に回すのではなく、
肩関節、さらには肩甲骨周辺の筋肉も外に回し、その延長で手首も回して
180度に開く、という感じ。
つまりは「手首じゃなく、肩関節から」ということ。

同じことを脚でやりましょう、と。
つまり足首ではなく、股関節、さらには股関節周辺の筋肉、
もっと言えば背中の筋肉あたりまで使って開く。
足首のアンドゥオールは、その延長線上で、という感じ。

もっとも肩がクルリと回って手が180度に開くのは、
やってみて気持ちよく、「おお、なるほど!」となるのですが、
脚の場合、肩ほど気持ちよくクルリとは回りません。
肩は上に何も乗ってないから、回すのは簡単ですが、
脚や股関節の上には上体があるので、この重さによって
軽くクルリとはならない。
肩のようにクルリと回すにはどうすればいいかというと、
上体を引き上げて、股関節に体重がかからないようにすることが大事で、
アンドゥオールをするには体の引き上げが大事、
という、これまでさんざん言われてきたことを再認識する結果にもなりました。




posted by コロコロ at 18:58 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク