2016年02月29日

アンバーは力を入れない!

アンバーで立つとき、きれいな形にするため
「2ℓ入りのペットボトルを持つイメージ」
と言われることがあります。
実際には存在しないペットボトルの重さを感じることが大事のようで
ダメなときは「腕が軽い」と注意されます。

かといって、腕に力を入れるのもダメなようで
そんなときは「腕に力が入っている」と注意される。

どないせえというの?という感じですが(笑)、
最近言われたのが「腕の重みを感じる」というもの。
腕や手に力は入れない。腕をダランと垂らせば、
腕の重みを感じるはず、と。
実際には、なかなか感じられません(笑)。
腕を支えようと力を入れるのが普通だからでしょうか……。
それでも何とか力を抜いて重みを感じようと、
腕や身体の位置をあれこれ変えたりするうちに、
ときどき「これかな?」というのを感じられるようになりました。
腕はやや前側に。一方で身体はまっすぐ立って、床を押す。
床を押すほど、身体は引き上がり、一方で腕はだらんと重くなる、
という感じでしょうか。

とにかく「作為的にアンバーの形をつくってはダメ」と。
力を入れてないのに、自然にアンバーの形になってるのが理想。
身体全体のバランス、究極的には腸腰筋を使って
アンバーを作れ、ということなのでしょう。

そんなアンバーで立てば、身体は自然体でリラックスした美しい立ち方になる。
実際、鏡で見ると、けっこうよくわかりませんが(笑)、
センターで4番後ろタンジュでプレパラシオンのとき
アンバーのアロンジェ形というか、ドゥミスゴンドのとき、
ちょっとそんな感じがしました。
いつもは、「どのあたりの高さにすればいい?」などと
あれこれ考えながら形を作っていましたが
腕の重みを感じられるようなアンバーからのドゥミスゴンドにしたら
鏡の中でとっても力みのない、自然な腕に(自画自賛?w)

力みのない腕が美しいというのが、
少しわかってきた気がしました。

、、、

posted by コロコロ at 18:51 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

ピルエットは「手を大事に」

4番プリエからピルエット練習。
みんな回ろうと頑張るわけですが、
なかなかきれいに回れません。
1回転できないとか、できても汚いとか、
2回転になるとグラグラとか……。

そんな中、先生が口にした一言。
「みんな、もっと手を大事に」。

う〜ん、立つことばかり、回ることばかり気をとられて、
確かに手や腕まで気が回ってない。
もっと意識を手や腕にも向けなければ。
腕は正しいアラスゴンドからアンナヴァンへ。
アラスゴンドからアンナヴァンにするタイミングも注意して。
なんてことを考えていたら、
先生からさらなる一言。

「この『手を大事に』というのは、『もっと手のことを考えて』
 という意味じゃないですよ」
と。

???

さらに続いて曰く
「文字どおり『手を大事に』。手を大事なもの、宝物のように
 大事に扱ってください、という意味です。
 みんな乱暴に扱いすぎ(笑)」
と。

手自体が大事なもののように扱う。
手の上に大事な宝物が載っているような感じ。
大事なものを手で抱えて回るように。

だいたいそんな意味だと思います。

というわけで手のひらに宝物を乗せているイメージので回ったところ
それまでよりきれいに、自然に回れました。
言葉の力、イメージの力、すごいです。

思うに手を大事に扱う、大事なものを持っているように回ると、
手に入っていた無駄な力が抜けるのでは。
力が抜けた結果、逆に体幹はしっかりして、
それだけ芯がしっかりした状態で回れる。
ピルエットは手で回ろうとしてはダメ、
と言われたことがある気がしますが、
「手を大事に」は、一見正反対ながら
同じことを意味しているのかもしれません。



posted by コロコロ at 18:51 | Comment(0) | ピルエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

人体骨格模型で先生に質問してみました

私の通っているバレエ教室では最近、
人体骨格模型が置かれている。
ときどきこれを見ながら先生が身体の動かし方について
説明してくれたりします。

私の家にある安物と違い、
それなりに大きく(50センチぐらい?)、
アンドゥオールもできる(笑)。

  こんな感じ

     45cm 人体 骨格 模型 縮尺 1/4

レッスンの前後にプリエさせたり、脚を上げたりして楽しんでます。
アンドゥオーるしながらのプリエはこうやるのか、とか
たしかにアンドゥオールすると脚は横に135度ぐらいまで上がる、とか
いろいろ勉強になります。

そんなある日、レッスン前に先生がふと
「これ股関節だけじゃなくて、ほかにも動くといいのにね」
とつぶやいた。
「そうですね」と同意しまししたが、このとき私が思っていたのは
背骨が曲がること。
そうしたらアラベスクとかパンシェとかもできそうだし、
より楽しく勉強できるのではないかと。

ところが次に先生が言ったセリフ、
「肋骨が動くといいのに」

「えっ???」
思わず聞き返しちゃいました。

先生的には肋骨がもっと左右に広がってほしいらしい。
肋骨が広がるイメージを我々に伝えたいとか。
先生が、踊るうえでいかに肋骨を重視しているかをあらためて感じ、
勉強になりました。

でも、ほんと? みんなそうなの??
ということで、後日、別の先生にも聞いてみました。
「もしこの骨格模型がもう1カ所動くとしたら、
 どこが動いてほしいですか?」

突拍子もない質問に一瞬、考え込む先生でしたが
出てきた答えは「背骨かなあ」。
やっぱ、そうですよね(笑)。

ちなみに、ふだんのレッスンで骨格模型を使って
説明してくれることが多いのは、この先生。
背骨絡みの話が多いので、やはり背骨のようです。
この先生の話を聞いて、私も自然に背骨が動くといいなあ
と思っていたので、別の先生が「肋骨」と言ったとき
驚くことにもなったわけです。

どれが正解という話ではないのでしょうが、
先生によってこだわるポイントはやはり違うんだなあと、
再認識。
いろんな先生から、いろんな角度でチェックしてもらったり、
教えてもらえたりするので、
いろんな先生に教えてもらえるって、ありがたいですね。



posted by コロコロ at 13:48 | Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

歩くときも腸腰筋!

プリエであれタンジュであれ、
バレエでは脚の力で動かそうとしてはいけない。
腸腰筋で脚を動かすように!
とよく言われてます。

そんななか、たまたまネットで見付けたのが、
黒人や欧米人は腸腰筋を使って歩く、という話。
いろんなところで見るので、常識みたいですね。
陸上の黒人選手の腸腰筋は日本人の3倍ぐらい発達している
みたいな話を聞いたことがありますから
考えてみれば当たり前かもしれません……。

とは言うものの「ふつうの人も腸腰筋を使って歩くの!?」
というのは、とっても新鮮でした。
ということは、我々もバレエのときだけでなく
ふだん歩くときから腸腰筋を使ったほうがいい、
という話ですよね。
欧米人や黒人はもともと腸腰筋が発達しているので
脚の筋肉ではなく腸腰筋が自然に使える。
腸腰筋が発達してない日本人は脚の筋肉を歩いてしまう。
だから日本人の脚は太い、なんて話にもなるそうですが、
そんな日本人としては、ふだんから意識して脚を使わない!
腸腰筋を使うことが大事みたいです。

余談。
そんな話をバレエ教室でしたら、昔の日本人は
帯を締めることで身体を引き上げていたのかも、
という話に。
帯を締めないと身体が落ちてしまう。
帯を締めたほうが身体が軽く使えることに気づき
帯を締めるようになったのかも。
でバレエでは帯がないので、腸腰筋が発達してない日本人も
頑張って腸腰筋を鍛え、身体を引き上げなければならない、
ということかも。
外国由来の踊りを踊るというのは、
こんなところにもハンディがあるんですね。


posted by コロコロ at 18:52 | Comment(0) | 脱力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

段ボール箱に頭を入れてシャンジュマン(笑)

シャンジュマンで身体を落とさずに跳ぶ方法として
先生に教えてもらったのが
「頭の上に段ボール箱があるのをイメージして、
 その中に頭を入れて跳ぶ」
というもの。
シャンジュマンで跳ぶときに、段ボール箱の中に頭を入れる。
降りるときは、段ボールから頭を出さない、
入れたままのイメージで降りる。
段ボールはつねに頭の上にあるので、
頭が落ちることはないという仕組み(?)。

これで思い出したのが、少し前に書いた頸椎の話
頸椎をつねに伸ばすことが大事、動くときはまず頸椎から、
みたいな話ですが、
この段ボールの話も頸椎を意識するための方法かな、と。
上空にある段ボールに頭を入れれば、
イメージとして伸びるのは頸椎ですよね。

そういえば子どもの頃バレエを習っていた人が、
スパルタ体質の先生から引き上げが足らないと注意されたとき
髪の毛を上に引っ張りあげられ、
「こうでしょ!」とやられたとか。
これもたぶん「頸椎を伸ばしなさい!」ということでしょう。

それぐらい頸椎を伸ばす意識を持つことは大事
ということなのだと思います。


posted by コロコロ at 18:14 | Comment(0) | 体の引き上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

前後開脚もアンドゥオールで

バレエのストレッチでよくやる前後開脚。
どんな効果があるかというと、
アラベスクやグランジュテがきれいになるとか。
ただし、そのためには骨盤をまっすぐにすることが大事。
骨盤は真横、脚は前後、という位置関係。
これができてこそ、きれいで安定したアラベスクやグランジュテになる。

ということで、骨盤の位置を気にしながら
せっせと前後開脚に励んでますが、
最近思うのは、「アンドゥオールも大事では?」ということ。
アラベスクもグランジュテも、当然、付け根を外に回した
アンドゥオールの状態でやる。
ならば前後開脚のときも、ただまっすぐ前後に、
というのではなく、付け根も気にして
アンドゥオールを目指したほうがいいのでは。

実際にやるときは、ただアンドゥオールにするというより、
ときに内向き、ときに外向きという感じで
付け根をくねくね(?)動かしたほうが、
より外向きにも回りやすくなる気がしますが
とにかく最終目標は
「アンドゥオールでの美しい前後開脚」。

という感じでストレッチしていたところ
最近、アラベスクをするとき、
自然にアンドゥオールで脚を出せるようになり、
しかも力不要で安定した状態をでキープできるように
なってきた気がします。

脚の付け根をアンドゥオールするための筋力なり
柔軟性なりが、ついてきたということかなと
ちょっと嬉しく思ってます。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Maikoふたたびの白鳥」

本日(2月24日)の産経新聞にノルウェーの国立バレエ団で
プリンシパルを務める西野麻衣子さんの映画が日本で公開される
という記事が載ってました。

この西野麻衣子さん、少し前にTBS系の『日本人妻は見た!』
という番組に出られたそうで、バレエ教室に行った際
レッスン前にみんなでその話題をしてました。
そんな番組があることにまったく気付かず
見なかった私は悲しい思いをしてたのですが、
その西野さんを追ったドキュメンタリー映画があったんですね。

予告編やインタビュー映像をを見ましたが、
すごい目力のある方で、海外でプリンシパルを
長らく務める精神力の強さを感じさせました。

ノルウェー国立バレエ団初のアジア人プリンシパルで
ノルウェーでいちばん有名な日本人である西野さんですが
4年越しの撮影中に突然、妊娠・出産というサプライズ。
映画のコンセプトもダンサーというだけでなく、
妻であること、母であることなども描いているとか。
2月20日から順次公開されるそうです。
こちらが公式サイト
こちらが予告編
彼女を留学させるために両親が家とクルマを売ったという話に驚きました。
(別の番組を見たら、クルマを売却、家の購入を諦めたとありました。
 3年間で総額1500万円はかかったとか……)
映画にお母さんも登場するそうですが、けっこうインパクトありそうです。
こちらはインタビュー映像
こちらはNHKニュースより


posted by コロコロ at 16:49 | Comment(0) | 書籍、マンガ、動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク