2016年12月31日

デベロッペは発展「しつづける」

デベロッペといえば、クペからパッセを経て脚を伸ばす動き。
フランス語で「発展」のことで、動脚がどんどん上へ遠くへ
「発展」していくからついたと勝手に思ってます。

ところが!そう思いつつ、じつは「発展」していなかった自分に
気づきました。
クペをしてからパッセへ、ここまでは、まあだいたい「発展」している。
その後、パッセから、ちょっと膝を高く持ち上げて、
おもむろに膝をを伸ばしていく。
一見「発展」のようですが、じつは「一時停止」していた。

レッスン中、先生から「パッセから発展しつづけて」と言われて
「もちろん、やってますよ」と内心思いながら、いちおうチェック。
ところがパッセから少し膝を上げるときに、一瞬停止、
さらに少し膝を上げてから伸ばしていくときも、一瞬停止。
さらにいえば、クペからパッセに上げていくときも微妙かも……。

なぜ、こんなことになっているかというと
やはり「さあクペだ」「次はパッセだ」「膝を上げて」などと
動作を分割して考えていて、そのたびごとに気合いを入れ直すので
止まってしまうのでしょう。
そうではなく、一連の流れとして考える。
5番ポジションからスタートして、脚を伸ばすまでがデベロッペで
途中休憩はなし。
そう考えてデベロッペをすると、とても安定感が増しました。
一瞬停止すると、そのときどきごとに新たにバランスをとる必要があるけれど
一連の流れの中の動きなら、つねにバランスを微妙にズラしながら
脚を上げていくので、大崩れしにくいのだと思います。

いまさらですが、バレエに「気合い」は禁物のようです。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

アンナヴァンはパッセの要領で

アンナヴァンの位置、なかなかハマりません。
先生から「もっと前」とか「もっと手前」とか
いろいろ言われますが、そのときは、「そう」と言われても
覚えられない。
「なるほど!」という実感があれば覚えられるのでしょうが
なかなか、その域に達しない。

そんな中、ふと思ったのが、
「パッセの要領でやればいいのでは?」
ということ。

少し前、パッセは小指のアンドゥオールから始める、
という話を先生が手を使って説明してくれた、
といった話をしました。
このときの手の動き、腕の動きが、じつはアンナヴァンと同じでは?

たとえば両腕を前に伸ばし、小指からアンドゥオールしていく。
自然に肘も曲がっていく。
小指のアンドゥオールが、ぎりぎりまで進んだところが
ちょうどいい肘の角度で、アンナヴァンの位置では??

これなら腕の力もいらず、自然なアンナヴァンになる。
もちろん腕のアンドゥオールもできている。
そんなイメージでレッスンを受けたところ
腕についての注意がなくなった気がします。
バーレッスンでアンナヴァンでルルベパッセをすることがありますが
もっとも注意されるこのときも注意されず
むしろ「そう、いい感じ」と言われたので
たぶん、パッセのイメージでアンナヴァンというのは、
けっこうビンゴだったのではないでしょうか。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

プリエが前のめり!

センターレッスンで、よく出てくるトンベ。
「落ちる」という意味で、たいていプリエで着地。
トンペ、パドヴレ、ピルエットという組み合わせが
レッスンではよく出てきて、ある意味ルーチンワーク。

多いのは、後ろ脚タンジュで準備して、
トンベ、パドヴレ、ピルエットというもので
こうなると主眼はピルエット。
トンベ、ハドヴレはほぼ無意識でやってますが
このトンベでダメだし。
トンベのプリエで、プリエが前のめりになっている、と。
後ろタンジュから軸脚で軽く飛んで、そのままプリエで着地。
タンジュしていた後ろ脚は前でジュテ状態になっていますが
この軸脚のプリエが、真下ではなく、前に重心がいっていると。

このときは、まっすぐ降りることを意識することで
事なき(?)を得ましたが
次のパドヴレで進むことを意識するあまり
前のめりになったのかな、と思ってました。
でもいちおう、ということで自宅でバーレッスンしているとき
自分のプリエを確認してみたら
えっ、バーレッスンの時点でプリエ、前重心??
と、衝撃の事実。
バーを持ってプリエしているので、
微妙に前のめりになっていることに気づかなかったようです。
「真下にプリエ」と意識してプリエしたら
いままでとはまったく違う感覚で
こっちのほうが、断然ラク。
慣れない動きなので、大変といえば大変ですが。

プリエからやり直しですか、とショックでしたが
「真下に降りる」「真下にプリエ」はおそらくな
「まっすぐ立つ」の延長線上でもある。
「真下に降りる」プリエをつねに意識していれば
他のパのときも、まっすぐ立つこと、重力といったことを
意識しながら動けるようになる気がするので
当分、プリエはいままで以上に慎重にやろうと思います。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | プリエ、フォンデュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

クペのときの足首に注意!

バーレッスンでクペが出てきたとき
先生から全員にダメだし。
なんと全員、クペが一部、「開いてない」と。
このときのレッスン受講者は8人程度でしたが
全員が全員、微妙に開いてないらしい。

どこかというと、足首から先。
クペだろうが何だろうが、バレエの基本はアンドゥオール。
股関節も外、膝も外、足首も外に回転させる。
ところが足首だけ、なぜか内側に回転しているらしい。

そこでまずチェック。
ふつうに1番で立ってみる。
このときば、みんなちゃんと足首もアンドゥオールになっている。
「同じことをクペでもすればいいだけでしょ!」
とは先生の弁。
それが、なぜかできない私たち。

実際、確認してみると、1番のときはアンドゥオールになっている足首が
クペにすると、確かに別の動きをしている。
なぜか「クペは、こう」という思い込みがあるようです。
その思い込みを正しいものに上書きする。
ある意味簡単で、1番アンドゥオールの状態の足首を変えず
クペにすればいい。
「足先の向きを変えない」と思うと
アンドゥオールのままクペにできる気がします。

とにかく変なクセが長年にわたってついているので
もっか1番から慎重にクペ、あるいは5番から慎重にクペを繰り返し
頭と体に覚えさせようとしています。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

ルルベでも「かかとで押す!」

アテールで立つとき、「かかとで床を押して!」
は、よく言われる話。
アテールからルルベになるときも
「爪先で立つのではなく、かかとで床を押して立って」
と言われます。

では、ルルベになったあと、かかとが宙に浮いている状態では
どうすればいいのか?
正解は、やはり
「かかとで床を押す」
だそうです。

宙に浮いているのに、床を押すは無理でしょ、
という感じですが、そこは筋肉の使い方の話。
というわけで、私がルルベをしているとき
先生が私のかかとの下に指を置いて
「この指を押して」
と、ルルベのときの「床を押す」を実践させてくれました。
かかとの下に指が実際にあるので、「押してる」実感があります。
このときの感覚なり、筋肉の使い方を覚えておき
指がない状態でも同じように立てばいいというわけです。
ルルベの状態で「かかとで押す」がわかりにくい場合、
「すねで押す」のほうが、わかりやすいかもしれません。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

パッセは小指のアンドゥオールから始める

バーレッスンで脚を前に出した状態からパッセになる
というエクササイズがありました。
パッセというと、注目しがちなのは膝。
ということで膝をパッセの位置にもってこようとするのですが
そうじゃない、と先生から指摘。

まず小指を外側に回す。
回すと、もう回らない!というところまでくると
自然に膝が曲がる。
この力を利用してパッセにすれば
不要な筋肉を使わず、楽にパッセができるとのこと。

これを先生、腕を使って説明。
たとえば右手をまっすぐ前に伸ばし、小指を外側に回す。
あるところまでくると、自然に肘が曲がりだす。
同じ要領で脚もパッセにすればいい、とのこと。

手で試してみましたが、たしかに前に腕を伸ばし
脱力した状態で小指を外側に回していくと
ある時点で肘が自然に曲がります。
これを脚でやればいいのですね。

もちろん前に限らず、横や後ろからのパッセも同様。
さらにいえば、アテール、つまり1番や5番の状態から
パッセになるときも、同じ使い方になると思います。
要は小指のアンドゥオールから始める。
小指をアンドゥオールにすると、かかとが前に動き、
さらにパッセになる。
そんな感じで動かすのが、いちばん自然で理に適った
脚の動かし方になるようです。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | パッセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

パドヴレは前に進むイメージで!

センターレッスンで出てくるパドヴレ。
パドヴレというと、いろいろな動きがありますが
ここで言いたいのは、連続してタタタタと動くやつ。
舞台の斜め奥から斜め前に進む、といった感じ。

たとえば上手から右に向かって移動するとき
右足前の5番でおへそは8番方向、
腕はまあ、右手がアンオー、左手がアラスゴンドといったところ。
で、肋骨から上は2番方向を向く。
そんな感じで、タタタタと移動していきますが
私のイメージは横に脚を動かす、というもの。
あるいは、ときに後ろに進むイメージ。

でも本当?ということで、思い切って(笑)先生に聞いてみた。
すると、
「前に進むイメージ」
と、まったく違う回答が(笑)。

おへそは8番で、肋骨は2番。
顔はやはり2番を向くわけで、
たいていバレエは顔が向いているほうに進む。
なので、おへそは8番でも、やはり2番目掛けて進む。
このとき進むのとは逆の方向、いまの場合左の肋骨の下あたりを
誰かに押されている感じで進むと
いい感じになるようです。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク