2017年05月31日

1番からのタンジュで反省……

バーレッスンのタンジュで、1番ポジションから始めることがあります。
1番ポジションから前にタンジュしたり、横にタンジュしたり。
この前へのタンジュで、先生から注意を受けました。
どうやら私、1番ポジションからそのまま、まっすぐ前にタンジュしていたようです。
「もっと中に出して」
と。
体の中心線の前に、という意味ですね。
知ってたんですよ、理屈では。
でも全然できていなかったみたいです。
これって体自体が、いわゆる5番の体というか、ちゃんと絞れていない。
重心が体の真ん中1本ではなく、両脚それぞれにある、
つまり重心が2本ある状態。
そういえばセンターで、トンベ・パドヴレなどをするときも
「重心が2本になっている」
と言われたりもしてます。
そのいちはん最初の段階ともいえるバーレッスンの1番からのタンジュで
すでに重心2本でタンジュしてたのでしょう。

以後、1番からのタンジュはつま先を真ん中に向けて出す
と意識するようにしていますが
体がクロスする感じで気持ちいいです。
いまごろ?という話でもあるのですが……。

1番からのタンジュ。
5番から始めるより楽で嬉しいのですが
この「楽」というのが、もうダメダメというか
要注意ということですね。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

アティチュードは膝を遠くへ

バーレッスンのフォンデュで、
脚を伸ばしたあと、いったん膝を曲げてアティチュードになり
再び脚を伸ばして、元に戻すといった動きが出てくることがあります。
動脚がアティチュードのとき、軸脚はたいていプリエ。

このアティチュード、よくかかとの上にコップを置いているつもりで
などと注意されますが
さらなる注意が先生から。
脚を曲げるとき、遠くに伸ばすつもりで
というもの。
前や横、後ろなどに脚をまっすぐ伸ばしているわけですが
そのときの膝の位置より、さらに遠くへ膝をやる。
膝を伸ばすのに膝を遠くへやるとは、
わかったようで、わからない言葉ですが
それでも「膝を遠くへ」と意識しながらアティチュードをすると
動脚側に加え、軸脚の付け根が長く使える気がします。
それだけ体が引き上がった状態のアティチュードになっているのでしょう。

今回、私が発表会で踊るスワニルダ1幕には
アティチュードがたくさん出てくるので
「これはタイムリーなことを聞いたヾ( 。゜▽゜) ノ」
と、ちょっと得した気分になっています。


posted by コロコロ at 18:20 | Comment(0) | アラベスク、アティチュード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

シャンジュマンは脚を伸ばしてから跳ぶ!

センターレッスン、シャンジュマンでのこと。
5番から脚を交互に入れ替えながら跳ぶわけですが
先生が耳を疑うような、でも、言われればそうかも、
という発言。
「跳ぶのは、脚が伸びきってから」

ふつうジャンプというと、膝を曲げて、曲げた膝を伸ばしながら跳びます。
たいてい、伸びている途中の過程で跳ぶと思うのですが
バレエではそうではなく、脚がちゃんと伸びた状態で初めて
床から足が離れると。

いままで跳んでいたシャンジュマンは何だったの??
と思うぐらい、恐ろしく跳びにくい。
でも、以前言われた「かかとで床を押しながら跳ぶ」が
このやり方なら確実にできる。
というか、そうしなければ脚はまっすぐにならない。
でも跳びにくい……。
いままでやったことのない跳び方で、それだけに
「確かにバレエ的な跳び方かも」
ということにもなる。

いままでの私の中の常識に逆らうような跳び方で
本当に大変なのですが、脚をまっすぐ伸ばしてから跳ぶ
を意識して跳ぶことで、また一歩、バレエ的体の使い方に
近づける気はします。


posted by コロコロ at 18:57 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

横カンブレは腕が肋骨にぶらさがる感じ

横カンブレをするとき、よく言われるのが
「アンオーした腕は肋骨からぶらさがる感じで」
というもの。
最初は何のこっちゃ、という感じですが
だんだん、その感覚がわかるようになってきました。
踵で床をしっかり押しながら横カンブレをすると
アンオーにしている腕のうち、肘あたりを視点に
肘から先がダランとぶら下がる感覚になります。

踵で床を押す&体幹がしっかりしている状態が大事で
逆にダランとぶら下がった感覚があると
そのあたりが、うまく行っているのかなと、ニンマリしたりもします。

そして、この「ダランとぶら下がった感覚」は、
横カンブレだけでなく、それ以外の動きのときも
感じることがあります。
ふつうにポールドブラをするとき、アラスゴンドにしたときなど
体がちゃんと腕を支え、肘から先あたりが重力に従ってぶら下がる感じ。
そして、これを感じられるのは、やはりかかとで床をしっかり押したり
体幹がしっかり使えているとき。

肋骨や体から腕がブランとぶら下がるというのは
作為的ではない、自然な動きでもあり、優雅な動きにもつながる。多分……。
というわけで、優雅な腕の動き、優雅な上半身使いのためには
やはり、かかとで床を押す&体がしっかりしているは
重要なのだと改めて思っているところです。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | カンブレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

フェルデンクライスの個人レッスン

私の習っているバレエ教室の先生は
数年前からフェルデンクライス・メソッドを学習中。
そのためレッスン前の体の使い方教室でも
フェルデンクライス・メソットを採り入れたエクササイズを行なうことが多い。

フェルデンクライス・メソッドは骨格に合った無理のない体の使い方をすることで
体のパフォーマンスを高めようというもの(たぶん……)。
このエクササイズをやるようになってから、無駄な力の使い方が
かなり減ったように思う。
このフェルデンクライス・メソッドにはグループレッスンと個人レッスンがある。
グループレッスンは、先生の声に従って自分で体を動かすというもの。
個人レッスンは、先生が直接体に触ってゆっくり体を動かしてくれる。
いずれも、本来合理的なのに、ふだんはしない、忘れていた体の動かし方を
思い出させようとするのが狙い。
先日、東京出張する機会があり、サイトで検索したところ
宿泊先のホテルの近くに個人レッスンをやっている先生がいることがわかり
予約をして個人レッスンを受けてきました。

1時間7000円ほどのレッスンで、
こちらは基本的にただベッドの上に寝ているだけ。
あとは先生が適当に(?)体を動かしてくれるのに、ただ従うだけ。
ときどき「いま、どんな感じですか?」などと聞かれもするけど
基本的には無言。うっかり寝てしまいそうになったりもします(笑)。
あと、
「この関節、あまり動かないけれど、この関節をこうすると、
 もっと大きく動くようになるでしょ」
などと教えてもらい、「おおっ!」と目からうろこのような経験も。
さらに右の股関節に比べ、左の股関節の動きが半分ぐらいで
左側が苦手な理由の一つに、股関節の動きの小ささがあるのだと実感。
それでも先生がいろんな方向に動かしてくれたりすることで
右と同じぐらい動くようになった。
なんだかパフォーマンスがあがりそうな予感。

終わったあと、立ってみて「どうですか?」と聞かれ
いままでとの違いを探ってみましたが
まず股関節の場所が、「ここ?」と実感できた。
いままでは模型などを見て「このあたりだろう」と思う程度だったのが
ここに股関節があって、体を支えている、という感じがする。
また、いままでよりしっかり床を踏んで立っている感覚があり
先生によると股関節の稼働域が広がったため、バランスをとりやすくなったためだとか。

1度のレッスンでは、そう劇的な改善はないかもしれませんが
1回やっただけでも、かなりの効果を実感できた気がします。
効果のほどは、人によってさまざまだそうなので
いままでグループレッスンを受けていたことも関係あるかもしれません。
医療行為ではないので、絶対に治る!よくなる!
といったものではないそうですが
私にはとても合っているメソッドであり、個人レッスンだった気がします。
また都会に行くチャンスがあれば、受けてみたいです。

posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 脱力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ピルエットの前のアンオーの意味

センターのポワントレッスンで、パッセがなかなかうまくできない人が。
そんな人に対して、先生がしたアドバイスが
「アンオーしながらパッセして」
というもの。
ふだんパッセというと、アラスゴンドやアンナヴァンが多いですが
あえて「アンオー」。
こうすることで体が引き上がりやすくなり
パッセもしやすくなる、とのこと。
実際、アンオーにしながらパッセをすると
とてもパッセが軽くできるようになります。
「その体の使い方を覚えて、パッセをしましょう」
と。

これを見ていて思い出したのが今年の発表会のヴァリエーション。
スワニルダ1幕でアンオーでパドブレしたあと
ピルエットで回る、という箇所があります。
ユーチューブでは、この部分をアンナヴァンやアラスゴンドで踊る人も多いのですが
私の場合、なぜアンオーなのか疑問に思ってました。
おそらくアンオーにすることで、次のピルエットをやりやすくするためなのでしょう。
現実の私は、せっかくアンオーで引き上げた体を
ピルエット前のプリエの段階で、きっちり(?)落していました。
だからピルエットもしにくかったのですね。
アンオーで引き上げた体をそのまま保ってピルエット!
と意識するようにしたら、かなり回りやすくなりました。

アンオーは引き上げのチャンス!
このことは、他の振りでもぜひ生かしたいと思います。


posted by コロコロ at 19:24 | Comment(0) | ヴァリエーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

後ろカンブレするときの手首に注意!

バーレッスンで後ろカンブレするとき
バーと反対側の手をアンオーにした状態で
後ろにアーチを描いていくことがあります。

このとき、「できるだけそらなきゃ!」という意識が強すぎると
手首がおかしな方向に動いてしまうことがあります。
変なひねりが入るというか……。

「あれ?」と思って、後ろカンブレするとき
とにかくアンオーの状態から手首を動かさないことを意識すると
驚くほど手首が軽く感じられ、
いままで、いかに手首に力が入っていて、
またおかしな曲げ方をしていたかを実感しましたぁ

手首を遠くにではなく、肘を遠くにひっぱるイメージにすると
手首はアンオーの状態で保ったまま、
より深い(?)後ろカンブレがしやすくなる気がします。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | カンブレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク