2017年05月04日

肋骨を広げるエクササイズ

最近よく言われる一つが、「肋骨を広げて」。
肋骨の中でも、前や後ろではなく、横の部分。
つまり脇。
肋骨の脇の部分を1本1本、上下に広げる。
ひょっとして体の引き上げって、肋骨を広げること?
と思うぐらい、重要らしい。

とはいえ、もちろん難しい。
そもそも肋骨を広げるって、どんな感じ?
みたいなところから始まる人もいる。

そんな人のためのエクササイズを教えてもらいました。
たとえば右側の肋骨を広げる場合
右手を上に上げ、左手は右の肋骨の脇あたりに当てる。
息を吸いながら、肋骨を広げるイメージで
ついでに右肘も上に引っ張るイメージ。
つまり息を肺に入れることと、右肘引っ張ることで
右側の肋骨を広げる。
その広がった状態を左手で確認する
という感じ。
何度も息を吸ったり吐いたり、右肘を上げたり降ろしたり
する中で、肋骨が広がったり縮んだりするのが
わかってくるようになります。
ただし、このとき右肩まで上がらないように注意。
肩は下げたまま、肋骨と肘だけ上げたり下げたりする。

左側も動揺に行なう。

広げたいほうの肋骨に反対側の手をやることで
肋骨が広がったり縮んだりする様子がダイレクトに感じられて
なんとなく「できてるヾ( 。゜▽゜) ノ」感があって楽しいです。

posted by コロコロ at 18:22 | Comment(0) | ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク