2017年05月05日

お腹を締めて肋骨を広げる!

昨日、体の引き上げには肋骨の骨1本1本を広げることが大事で
息を吸うときに肋骨を広げると広がりやすい
みたいな話を書きました。


肋骨の中には肺があるのだから、息を吸えば肺に空気が入り
必然的に肋骨が広がりそうなものですが
なかなか、人間の体はそううまくできていないようで……。
息を吸うときにお腹を膨らませる、腹式呼吸なんてものもありますしね。

ただ息を吸って肋骨を広げる、膨らませるのは難しい。
何がダメかというと、お腹が緩んでいるとき。
体が沈んでしまい、これだと肋骨は広がらないようです。
お腹を締めて、背骨1本1本もできるだけ広げる。
そうした状態でいて初めて、肋骨も広がり、体も引き上がる。
で、私はというと、意識していないと、お腹は緩んだまま。
「あっ、肋骨を広げなきゃ」「あっ、お腹が落ちてる」
「あっ、締めなきゃ」
そんな後手後手な感じで、まったくお腹を締める姿勢が
身についていません。

まずはお腹を締めて肋骨を広げるを
習慣化させなきゃ、せっかくの昨日書いたエクササイズも
生かせない。
というわけで、もっか歩くときぐらい、そんな姿勢でいようよ
ということで、気付いたらお腹を締めて肋骨を広げながら
歩くようにしています。
ちょうど気候もよくなってきたので、できるだけ歩く機会を増やし
同時にお腹を締めて肋骨を広げながら呼吸する。
体の引き上げに加え、歩くことによるダイエット効果も期待できるかも?
なんて甘い期待も抱いています。


posted by コロコロ at 18:36 | Comment(0) | 体の引き上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク