2017年05月09日

足の裏でも床掃除

少し前、うつ伏せになって手のひらで
床掃除をするような動きをすることで
背中の筋肉が軟らかくなる、
といった話を書きました。


ならば、足の裏でやっても同様の効果があるのでは?
と思い、試してみました。
もっとも、うつ伏せになって足の裏……というのは
ちょっと無理があるようなので
仰向けになって片膝を曲げて、足の裏で床掃除。
足の裏を床につけて、大きな円を描いたり、小さな円を描いたり。
時計回しにしたり、反対回しにしたり。
とにかく足の裏は床から話さない。

この動きを2〜3分、ひまなら5分ぐらいやったあと
立ち上がってみると
骨盤周辺の筋肉がほぐれたような気がします。
いつもと違う、使えていなかった筋肉を使いながら立っている感じ。
これはこれで効果があるのではないでしょうか。

ちなみに床に寝なくても、椅子に坐った状態で
やはり足の裏を床につけて、円を描いても
似たような効果が得られる気がします。
こちらのほうが、思いついたときにサッとできるので
簡単でいいです。
椅子に坐る場合は、座骨を椅子の座面にちゃんと着けておくのが
効果を得るためのポイントという気がします。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 脱力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク