2017年03月22日

膝下アンドゥオールでタンジュ

タンジュをするとき、ただ甲が伸びていればいい
というものではない。
もちろんアンドゥオールしていることも大事。
このアンドゥオールがけっこうみんな甘いらしい。
望ましいのは、小指側がちゃんと床のほうに
巻き込まれていること。
そのためには膝下のアンドゥオールを使う。

タンジュはドゥミを通ってタンジュとなる分けてすが
とくに大事なのがドゥミから指先を伸ばしていくとき。
この伸ばすのを足や指の力で伸ばすと
アンドゥオールが甘くなる。
膝下のアンドゥオールするだけで、じつはドゥミから
指を伸ばすことができる。
というか、自然に伸びる。

というわけで、ドゥミの状態ていったん止まり
そこから膝下アンドゥオールだけで、タンジュしてみる。
これで小指側が巻きついた(?)タンジュになります。
ドゥミから膝下アンドゥオールでタンジュ。
これを繰り返すだけで、けっこういい練習になる気がします。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク