2017年05月11日

横カンブレ、バーと反対側から戻るときに注意!

バーレッスンの横カンブレで、
アンオーにした腕をバー側にカンブレしたあと、
残るカウントで今度は反対側の横にカンブレすることがあります。
このときの腕の位置、縮めるほうの手はアラスゴンドのままのこともあれば
アンンバーにすることもある。
バーから持ってきた手はアンオーのままですが、反対側は
アラスゴンドだったりアンバーだったり。
この一方はアンオー、一方はアンバーの横カンブレのときの戻り方について
先生から注意。

カンブレした体をまっすぐな状態に戻すまで
両腕はアンオーとアンバーのまま。
これがいいかげんで、何か適当な腕の通り道で
左右アンナヴァンに戻ってくる人が、けっこういる。
きちんとアンオーとアンバー、体はまっすぐの状態をつくってから
アンナヴァンに戻しましょう、と。

確かに、気を抜くと、このあたりの動き、いいかげんになりがち。
逆に、この体まっすぐ、バー側の手アンオー、反対側アンバーを確認してから
アンナヴァンに戻すと
カンブレ効果で引き上がった体が、ずっと引き上がったままで
体がシャキっとする気がします。


posted by コロコロ at 18:24 | Comment(0) | カンブレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク