2017年05月15日

かかとを床に着けてロンドジャンブ

バレエで脚を使うとき、つま先に注意が行きがち。
もちろんつま先も大事ですが、
もっとかかとを意識してほしい、
というのが先生の弁。

大腿骨や脛骨と直接つながっているのは、かかとだから
まずはかかとを意識、つま先はその先
ということなのでしょう。
「かかとを動かす」意識で動かしたほうが
脚が軽くスムーズに動かしやすいのだと思います。

とはいえ、つま先よりかかとを意識するのは、けっこう難しい。
そこで先生がレッスンで採り入れた動きが
ロンドジャンブアテールで、つま先ではなくかかとを床につけて
脚を動かすというもの。

1番ポジションから前に出すとき、多くはつま先を床に着けて
そのまま横や後ろ、後ろから横、前とロンドしますが
これをかかとを着けた状態、要はフレックスの状態で動かす。
軸脚をプリエしながら動脚をかかとをつけた状態をキープして前に出し、
そこから横、後ろ、あるいは後ろ、横、前、と動かす。
ふだん、なかなかやらない動きなので、けっこうとまどいます。
そのぶん、何度かやると、ふだん以上にかかとを意識できるようになり
なるほど、かかとを動かすイメージのほうが
脚が軽く動かせるなと実感できます。

posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | ロンドジャンブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク