2017年05月19日

かかとで床を掘る!

「かかとをもっと意識して脚を動かしましょう」
というのが、最近先生からよく出るお題。
そこから、かかとを床につけてロンドジャンブをするエクササイズが
出てきたといった話を書いたこともあります

同じことは、もちろんタンジュやジュテでも言える。
これについて、先生が言われたのが
「かかとで床を掘るイメージで脚を出す」
というもの。
タンジュだと、よく足の裏で地面を触るように
あるいは、床にこぼれたミルクを雑巾で拭くように
などと言われたりします。
足の裏をしっかり床につけて脚を出しましょう
ということだと思いますが
その前段階として、まずかかとでしっかり床を押す
その押すをさらにわかりやすく言うと「踵で床を掘る」。
かかとで床を掘ってから脚を前や横、後ろに出す。

かかとで床を掘ってから脚を出そうとすると
そうとうかかとに意識がいっていないと難しい。
というか、骨で立って、腸腰筋なんかもちゃんと使えてないと
できないのではないでしょうか。

かかとで床を掘るつもりで脚を出す訓練をしていくと
骨で立つ、まっすぐ立つ、腸腰筋を鍛える
といった諸々の望ましい方向に近づくように思います。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク