2017年09月14日

6番ポジションでもアンドゥオール!

バーレッスンの最初あたりで6番ポジションになることがあります。
両手でバーを持って、6番つまり両足を1番に開かず両足を揃えた状態でパラレルで立つ。
その状態からドゥミになったりプリエをしたりする。
足を揃えた状態でドゥミになったりプリエをしたりすることで
足を正しく使えているか、よりわかりやすくなるそうです。

ただし、この6番、両足を揃えて立てばいいというものではない。
パラレルといいつつ、アンドゥオールになっていることも重要。
見た目はパラレルだけど、脚の使い方は外回し。
6番でアンドゥオールができているかの目安は、
両足の内側のくるぶしや膝同士がついているかどうか。
離れていたら、アンドゥオールになっていないので、
ちゃんと回しましょう、とのこと。
実際、ただポヤ〜ンと立っているときはくるぶしや膝が離れていても
かかとや親指と小指の付け根で床をしっかり押し、
体を引き上げた状態で脚をアンドゥオールにすると、
パラレルのままでも、ちゃんとくるぶしや膝がつきます。

そして、この脚の使い方が1番ポジションをはじめ
つま先を外側に開いた状態でも求められる。
いざ、つま先を脚を開いてしまうと、つま先が開いているぶん
ちゃんとしたアンドゥオールになっているかわかりにくいので
その前に6番のアンドゥオールをすることで
正しいアンドゥオールを確認できるようになるわけです。



posted by コロコロ at 18:39 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

5番に入れるときは背中を広げる

バーレッスンのタンジュやジュテで5番に戻すとき
5番でなく3番の足になっていることが、よくあります。
要はちゃんと5番に戻らず、中途半端な5番になっている。
とくに後ろに戻すときが危ないらしい。
自分では見えないことも大きいかもしれません。

このとき「5番にちゃんと入れなきゃ!」と思って
腰や体をギュッと固めがちになりますが
これは逆だそうです。
むしろ体を緩める。
足は締める、体は絞ることも大事ですが
一方で力を入れないことも大事。
具体的には背中は中に締めるのではなく
外に広げるイメージだとか。

言わんとするところは、何となくわかる。
たしかに体を固めると、5番にはより入りづらくなる。
緩めたほうが関節も自由になって、5番に入りやすくなる。
とは思うのですが、現実にはやっぱり、なかなか5番に入らない。
どちらかというと3番……。
ちょっとしたコツをつかむと、「あっ、この緩め方か」
とわかるような気がするのですが
いまのところ、いまひとつかめずにいる段階です……。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

腓骨は「隠す」!

少し前、腕の使い方について
肘から先にある2本の骨のうち
小指側の骨である尺骨を回す意識が大事、
といった話を書きました。


肘から先には2本の骨があるというのは
脚も同じ。
膝から先に2本の骨がある。
名前は脛骨と腓骨。
親指側にある太い骨が脛骨、
小指側にある細い骨が腓骨。
腕の場合、小指側の尺骨を回すのだとしたら
脚はどうなるの??
という疑問を抱いていたのですが、
なんとなく先生に聞くのは避けていた。
そんな中、レッスン中に先生から解答が。

脚の骨は「腓骨を隠すように」とのこと。
小指側の骨を回すのではなく「隠す」がポイントのようです。
「隠す」とは、ふくらはぎの裏側のほうに持っていく、
自分からは見えない場所に持っていく
ということだと思います。

腕に比べ、より2本の骨の太さの差が激しいのが脚の脛骨と腓骨。
しかも、この骨で体重を支えなければならない。
支えるのは、太いほうの骨である脛骨。
なので意識としては、おそらく脛骨を外側に回す。
一方で腓骨も忘れてはならないようで
そこで出てくるのが「隠す」という言葉。
「隠す」のだから、ほとんど意識の外にやるような気もしますが
それでも少しは頭に置いておく。
そんなイメージから「隠す」という言葉が出たのかな、と
そんなことを感じました。

posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

大腿骨を内側に回して、ポワントでキープ!

ポワントを履いてのレッスンでは、たいてい
最初にバーを持って、6番や1番ポジションで
足ならしをします。
よくある一つが、1番でポワントになり
そのまつバーから手を離してアンオーでキープというもの。

このとき初めて聞いた注意点の一つが
「大腿骨を内側に回して」
というもの。
えっ?外回しではなく、内側に回す?
と謎だってので、終了後、先生に確認してみました。

ここでいう大腿骨を回すとは
大腿骨を後ろから内側に向けて回す
という意味。
先生のイメージとしては、とくに大腿骨の中でも
外側の出っ張った部分。
足の付け根にある
触ると何となく感じられる部分。

ここを内側に回すのだそうです。
結局はアンドゥオールにしましょう
ということですが
先生の中では「大腿骨を内側に回す」
がリアリティがあるようです。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

ハイソックスの上の部分からアンドゥオール

最近、先生がいう脚のアンドゥオールが
「3カ所それぞれをアンドゥオールする!」
というもの。
3カ所とは、股関節、膝から下、足首。
全部難しいのですが、「膝から下」という言葉が
わかりにくいと思ったのか
こんな表現も。
「ハイソックスの上の部分」

ハイソックスの上の部分というと
膝のお皿の下あたりでしょうか。
このあたりからアンドゥオールというのが
先生のイメージのようです。

わかったような、わからないような
という感じですが
「ここ!」という具体的な位置だけはわかるので
しばらくこの位置を意識しながら
「膝下アンドゥオール」をやるようにしたいと思います。


posted by コロコロ at 18:27 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク