2018年05月20日

古武術に学ぶ、脇の立て方

「脇を立てて!」というのも、けっこうよく言われるセリフです。
この「脇を立てる」が、なかなか難しい。
立っちゃった(?)人にはわかるのでしょうが
立っていない人には、「立てるってどういうこと??」という感じ。
そんななか、こうすれば誰でも「立てる」の意味を実感できるのでは?
という本を発見。



『「筋肉」よりも「骨」を使え!』という本で、
古武術研究家の甲野善紀さんと「骨ストレッチ」で知られるスポーツトレーナー、松村卓さんの対談本。
古武術の目指す体の使い方とバレエの使い方は共通点が多いように思い、
甲野さんの本をときどき読むのですが、久々に読んで、なるほど!と思えるくだりがいくつも。
その中の一つが、脇を立てる話。

甲野さんは「虎ひしぎ」という言葉を使っていますが、脇の下から脇腹にかけて特殊な緊張をつくる
という方法。
この脇の下から脇腹にかけての特殊な緊張が、「脇を立てる」ではないかと。

虎ひしぎのやり方は、以下のような感じ。
1 手のひらと親指で自分の手首ほどの太さの丸棒をつかむような形をつくり、
  その状態で親指を小指のほうに内旋させる。
2 すると体側から肘が離れるので、内旋する力と拮抗させながら、人差し指を起点に
  腕を外旋させ、脇をつける。
3 内旋する力と外旋する力を拮抗させ、肩を降ろすと、脇の下から脇腹にかけて特殊な緊張ができる。

こうすると体幹部に力が集まりやすくなり、脚部にも側面からかかる力に対抗する力が生まれ
段差の大きい階段なども非常に昇りやすくなるとか。

この虎ひしぎのままだと脇が体についた状態なので、脇の状態を保ったまま
アラスゴンドにすると、まさに脇を立てたアラスゴンドになる気がします。
2の腕を脇につけた状態は、まさにバレエでいう肩から肘はアンドゥダンで
肘から先はアンドゥオール。
やはりバレエ独得の肘の使い方が、脇を立てたり、体幹を強くするうえで
大いに活躍しているということでもあるのだと思います。

  


posted by コロコロ at 19:02 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

グランポールドブラでは手首をもっと緩める!

バーレッスンでよくグランポールドブラが出てきます。
斜め前から足元、手と反対側の体側、後ろを経てアラスゴンドに戻る。
あるいは、体の中心からアラスゴンド、体の後ろ、手と反対側の横、
足元を経て、アラスゴンドに戻る。

前カンブレや後ろカンブレ、横カンブレのような
直線的(?)な動きに比べ、全方位運動だけに、いっそう難しい。
膝を曲げないとか、しっかり床を踏んでとか
肩を上げないとか注意点はさまざまありますが
手首も大きなポイントのようです。
グランポールドブラでは肩や肘が回転するわけですが
それに伴って、手首も自然に動くことが大切。
ところが手首を固めてしまう人が多いとか。
手首を固めると、肘や肩の動きも小さくなってしまう。
大きく使うためには手首をもっと動かすことが大事。
では、どう動かせばいいのですが、これがけっこう難しい……。
というか、いちいち説明なんてできない気がする。
グランポールドブラをするとき、とにかく「手首は動かすもの!」という発想に立って
あれこれ動かしてみる。
「あ、ここだと自然に軽く動く」という場所が見つかればラッキー。
そんなことを続けていくと、しだいに手首の自然で軟らかい動かし方が
わかってくる気がします。





posted by コロコロ at 18:21 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

180度反転するときは、腕を「ガイド」に!

センターレッスンにて、シャッセ、アントルラッセが、このところよく出てきます。
進行方向と逆向きからスタート、180度反転してシャッセしてアントルラッセ
ここでまた進行方向と逆向きになるので、
同様に180度反転してシャッセ、アントルラッセ
といった具合。

180度反転するって、けっこう大変です。
なにしろ後ろは見えていないので、どれぐらい反転すればいいかわからない。
「進行方向に向かってまっすぐ!」と言われるのですが
まっすぐのつもりでも、けっこうあやふや。
で、「まっすぐ進んでない!」と注意されるわけです。

では、進行方向に向かって正しく反転するには、どうすればいいか。
手を「ガイド役」にすればいいとのこと。
180度回転する前、軸となる側の腕はだいたい体の前にある。
この腕がアンバーを経て、反転したあとは体の前に来ている。
まずは、この腕を進行方向に向かって、まっすぐ正しく出す。
腕が正しい位置にあれば、それに合わせて体を回転させればいい。

体を180度反転させよとうするから、難しい話になる。
腕を反転させるだけなら、力も要らないし、技術もさほど必要ない。
シャッセ、アントルラッセのコツを一つつかんだ気がしました。
そしてこれはシャッセ、アントルラッセに限らず
体を反転させる動きのとき、いろいろな場面で応用できる気がします。





posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

アラスゴンドは爪がどこまで長く伸びていくイメージで

簡単なようで難しい腕の使い方。
とくにアラスゴンドにしたときが気になるようで
先生がいろんな表現で、伝えようとしてくださいます。
それでも新しい言い方が出てくるのだから
なかなか正しいアラスゴンドにできないのでしょう。
すいません……。

そんな中、新たに出てきたのが、
「爪がどこまでも遠くへ伸びていくような感じで」
というもの。
指先を遠くへ伸ばすとか、遠くから指先を引っ張られる感じで
などといわれたことがありますが
その変形バージョン(?)。
爪が伸びるだけで指や腕が伸びるわけではありませんが、
「どこまでも」という言葉が、指や腕を遠くへ伸ばすイメージへと
つながっていくんでしょうね。
これはこれで、何となくわかる気がします。

そんな感じで、少しずつ正しい使い方に近づいているといいなあ……。





posted by コロコロ at 18:29 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

肋骨は肘で持ち上げる!

「体の引き上げ」とは、結局は上半身の重さを下半身にできるだけ伝えない
ということだと思います。
下半身、とくに脚、それも筋肉に重さを伝えない。
究極的に体が引き上がっていれば、体重はすべて骨が支える。
これだと筋肉にかかる負担はゼロ。
それが理想的な状態かと……。

そのためには肋骨が引き上がって(?)いることも大事で
その肋骨は「肘で持ち上げる」のが大切なようです。
肋骨を肋骨で持ち上げるのではなく、「肘」で持ち上げる。
肘はどう考えても肋骨と離れていますが
たぶん広背筋を使うことで「肘で肋骨を持ち上げる」が可能になるのだと思います。

肘は肋骨を持ち上げるのが仕事!
と考えれば、「肘は下げちゃダメ!」と言われたり
「肘はできるだけ遠くへ」と言われたりするのも納得です。
というわけでバレエのときはもちろん、バレエ以外のときでも
できるだけ肘で肋骨を持ち上げる生活を意識するようにしています。

バレエのときもつねに求められ、これができたときは体がかなり軽く感じられますが
とくにピルエットのときに意識すると効果が高く、
軽く安定して回りやすくなる気がします。
ピルエットのときは、とくに下半身に意識が向かいがちだったり
つい肩に力が入りすぎて、広背筋を使うことを忘れがちだからかもしれません。



posted by コロコロ at 18:25 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク