2018年01月18日

5番で立つ前にプリエする理由

バーレッスンでもセンターでも、5番ポジションから始まることは
少なくありません。
このとき5番ポジションをつくるにあたって、
まず5番ポジションでプリエしてから、膝を伸ばして5番で立つ
人が多い。
1番に比べ、5番ポジションはうまく立ちにくい。
プリエをするとアンドゥオールがしやすくなるので
より開いた状態で立つために、5番のときはプリエをする
と思っていましたが
もっと大きな効果があるのでは??
と思うようになった。

アンドゥオールで立つことも大事ですが
最近、よく指摘されるのは「床を押して立つ」というもの。
かかとで床を押して立つ。
確かに安定感が全然違います。
うまく押せると、これこそバレエ的立ち方!
という気もします。
でも、それだけに、難しかったりもします。
重心のかけ方、筋肉の使い方が違うと
1番でも難しい。
5番となると、なおさら。
そんな「床を押して立つ」も、プリエをすると
ふつうに立っているときよりは、少しやりやすい。
いろんな重心の取り方を試せるからでしょうか。
なので、まず5番プリエで床を押せる位置を探す。
とくに軸足となる側で「床を押す」ようにする。
その状態をキープして、おもむろに脚を伸ばして5番になる。
こうすると、わかりにくい5番での「床を押す」
もやりやすくなります。
これこそ、最初にプリエをするメリットでは!

ということで最近、5番で立つ前は、
まずプリエして床を押せる位置を探すようにしています。
5番前のプリエをより慎重にやるようになるし、
ただ脚を開くためというのでなく、
より意味のあることをやっている感じがして
楽しいです。






posted by コロコロ at 18:37 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

「ドゥミで押す」がわかった!

バーレッスンの冒頭、1番ポジションでスタートして、
バーと反対側の足をドゥミにして、次にポワント、ドゥミに戻して
1番、といったエクササイズが出てきました。
このとき「ドゥミのときも、しっかり床を押して」
という先生の指摘。
言われたとおり、ドゥミのときに床をちゃんと押したつもりなのに
先生からは「全然、押せてない。話し、聞いてた?」と
完全NG。
押し方が足らないのかと、さらに強く押しているつもりなのですが
なかなか許し(?)が出ない。

なんで???と帰宅後、一人反省会。
まず1番で立つときは、当然、かかとで床を押す。
次にドゥミにしたときも、やはり床を押す。
……と順を追って考えたときに、「そうか!」と気づきました。
最初にかかとで床を押した状態から、次にドゥミになるとき
私の動きは「ドゥミになる→床を押す」となっている。
でも正しくは、1番ポジションのときに、かかとで床を押す→
「床を押す」を継続しながらドゥミになる→必然的にドゥミのときは床を押せている
こういう流れが求められている。
その延長線上で、ポワントになったときも床を押せている、となる。

つまり1番で床を押した状態から、脚の使い方としては、基本的に変わりがない。
ただ押す角度が変わった結果、ドゥミになったりポワントになったりする。
それでこそ強いドゥミやポワントになる。
1番で立つこととドゥミを別の動きと考えていたのが間違いだったようです。

実際にはアテールからドゥミになるとき、ついかかとを上げることに意識がいき
かかとを押す方向に筋肉を使う、ということを忘れてしまう。
これを忘れず、つねに「かかとを押す」でドゥミになったりポワントになったり
しなければならない。
そういうことが求められていたのだと思います。




posted by コロコロ at 18:29 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

骨の先端を触って、大腿骨を確認!

アティチュードでは、大腿骨を遠くへ送るイメージが大切。
そんな説明をしたあと、先生が
大腿骨、つまり太腿の骨。
その場所をイメージしやすくする方法を教えてくれました。

まず床に座って、背中の後ろに手を置く。
ちょっと、ふんぞりかえったような格好ですね。
その姿勢で膝を立てる。膝は外向きに斜め45度ぐらい。
その状態で、誰かに膝のお皿の横あたりにあるくぼみを
親指と人差し指を使って、脚の付け根に向かって押してもらう。
この押してもらったところが、大腿骨の先端。

ちょうどマンモスの肉を刺している骨みたいな格好をした部分。
こんな感じ。
ダウンロード.jpg

押してもらうことで、大腿骨の存在をイメージしやすくなるようです。
アティチュードだけでなく、1番や5番で立つときも
この大腿骨で床を押す、大腿骨を遠くへ伸ばす、
という意識が重要なようで
要は、つねに意識しておきたい骨。

先生に教えてもらったのは2人1組でやるというものですが
その気になれば一人でもできます。
膝を立てて、人差し指と中指で、膝のお皿の横にあるくぼみを捜し当て
付け根側に押してみる。
やはりこのとき、マンモスの骨をイメージすると、
大腿骨の先端を探しやすいと思います。
ここをアティチュードのときは遠くへ伸ばし
立つときは、床のほうへ伸ばすイメージをもてばいいわけです。





posted by コロコロ at 17:20 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

骨盤の歪みをあらためて実感

骨盤が歪んでいることには、かなり自信があります(笑)。
たとえば仰向けに寝たとき、
左の座骨は床に着いているのに
右は浮いているとか。
椅子に座ったときも座面に右の座骨は着いているのに
やはり左の座骨は浮いている。
おかげで(?)ふつうに立ったときも
右足はしっかり床を押せている感覚があっても
左足はなかなか床を押すのが難しい。
これを何とかしたいなあと思いつつ、なかなか成果が出ない。

そんななか、ふとネットで見つけたのが
骨盤のゆがみ診断テスト。
床の上に十字の印をつけて、十字の手前側に立つ。
 こんな感じ↓
ECAB778C-6F4B-490B-80A2-C545A012685A.jpeg
(白いガムテープを半分に切って床に貼りました)

そこで目をつぶって足踏みをする。
60歩歩いたらその場で目を開けて、
十字の位置から自分がどれだけ離れているかを見る。

私の場合、恐ろしく十字より右前に移動してました。
そもそも60歩歩く前に、前の壁にぶつかって停止してしまったし……。
左右どちらかに傾くだろうとは思っていたけど
ここまで前に移動するとは思いませんでした。

記事によると、これは左右のバランスが悪いうえ
腹筋と骨盤底筋群が弱いからだとか。
左右のバランスが悪いのは自覚があったけれど
腹筋や骨盤底筋群が弱いって、
これだけバレエやっているのにまだ……。

ちょっと(かなり)へこんでしまった
骨盤のゆがみ診断テストの結果でした。

診断テストが載っていたのは、このサイトです。









posted by コロコロ at 18:40 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

1番ルルベからアテールに挑戦!

最近、バーレッスンでよく出てくる一つが
1番でルルベ・アンオーになり、そこからアテールに降りるというもの。
5番のルルベ・アンオーから降りるとき同様、
腕はアラスゴンドを経てアンバーになる。

これが意外に難しい。
5番ルルベだと脚がアンドゥオールになっているので
足元は安定している。
なので腕を上から左右に開いても
あまりグラグラせずにすむ。
ところが1番ルルベとなると、5番のときのようなアンドゥオールにならないので
足元は不安定。
だからきちんとまっすぐに立ち、さらに腕も
うまくバランスとれた状態を保ったまま下ろしていかないと
おっとっとっ、と体がグラついてしまう。

グラつくときは、たいてい後ろに倒れそうになる。
これは腕を下ろすとき、本来あるべきところより
後ろ重心になっているから。
もう少し前重心で腕を下ろしていく必要がある。
そんなふだんの腕の下ろし方の問題点に気づくうえで
1番ルルベ・アンオーから腕を下ろしてみるのは、
参考になると思います。



posted by コロコロ at 18:37 | Comment(2) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク