2017年05月20日

座骨とかかとをできるだけ離す!

タンリエなどでプリエをするとき、
「かかとと座骨を近づけるイメージが大事」
という話を以前書きました。

タンリエに限らず、プリエはすべてそう。
逆に脚を伸ばすときは、かかとと座骨を離すイメージを持つ。

その究極ともいえるのが、ルルベで立つとき。
ルルベのとき、かかとは上がっていますが
そのかかとはできるだけ下向きに働かせる
一方、座骨はそのかかとから、できるだけ離すようにする。
そんなイメージでルルベをすると、体も引き上がり
たんに「まっすぐ立つ」と考えるより、膝も伸びる気がします。
体の重心も真ん中に集まりやすくなる。
まさに、いいことづくめという感じ。
ルルベに限らず、たんに1番や5番で立つときも、そんな感じ。

パッセで立つときも、軸脚のかかとと座骨をできるだけ離す!
を意識すると、やはり、より高さのあるパッセで立てる気がします。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

ときどき内腿を触ってみる

バーレッスンでルルベパッセをしたとき、
「もっと引き上がる!」「もっと体の中心で立って!」
などと指摘を受け、
「こんな感じですか??」と、あれこれ頑張り
「そう、それ!」
とOKをいただいた
……と思いきや、
先生、私の軸脚の内腿を触って
「あとは、ここが硬くなっていれば^^」
って、それって、全然「それ」じゃないじゃん(笑)。

自分ではちゃんとまっすぐ立ったつもりなのに
内腿が硬くなっていないということは
まっすぐ立ってない、外側にまだ重心が逃げている
ということですよね。

パッセしながら内腿を触るのは難しいので
1番で立ったときに内腿を触ってみたら
これもけっこう微妙……。
ダメじゃん。
1番で内腿使えていないのに、パッセというかルルベで
使えているはずがない。
ということで、最近、思い出しては内腿を触って
硬くなっているか、確認するようにしています。
けっこう硬くなっていないことが多く、
そんなときは、タンジュをしてみる。
タンジュのときは、ちゃんと内腿が硬くなっている。
そのときの脚の使い方を維持したまま1番ポジションに戻せば
内腿が硬い状態で立てる。
さらにその状態を維持してルルベやルルベパッセに持っていけば
やはり内腿が硬い状態を維持できる。

そんな感じで内腿が硬いルルベパッセを目指しています。
体の使い方、まだまだうまくできていないようです。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

ポワントの甲とドゥミの甲は同じ!

バーレッスンで、足をポワントにしたり
ドゥミにしたり、といったエクササイズが出てくることがあります。
バレエシューズなので、もちろん両足ポワントは無理で
片足だけポワント。
正確にはポワントのような足の使い方、
といったところでしょうか。
ポワントにしたときが、たぶんいちばん甲が出やすい。
つま先立ちというより、つま先を越えて指の爪ぐらいが
床に着く感じ。

床に爪が着いた状態だと、気持ちよく甲が伸びます。
そこから再びドゥミに戻すのですが
このときの注意点が、
「ドゥミに戻すとき、甲が緩くなってはダメ!」
というもの。

ポワントにして、せっかく伸ばした甲は
ドゥミにしても、同じ伸びた甲の状態でいなければならない。
えっ、そうなんですか??
という感じですが
確かにドゥミで甲が甘くなったら、ダメですよね。
ポワントを履いたときも、ドゥミがいちばん難しい
と言われるぐらいだから、これは
「ポワントで立つときと同じ甲にしなきゃダメ!
という意味を多分に含んでいるのでしょう。

逆にいえば、ドゥミの状態でポワントと同じ甲にするのは難しい。
でも、それを目指さなきゃダメ。
私の場合、「えっ、本当ですか??」というぐらい
ドゥミにすると甲が落ちるし、ポワントの状態を保とうとすると
指がうまく曲がらない。
ちゃんと曲げようとすると、親指あたりが痛くなる。
何かが間違っているのでしょうね。

ということで、また一つ新しい課題が増えています。
まあ、これもどこででもできるエクササイズで
甲を伸ばしてドゥミというだけなら、
極端にいえば椅子に座ってもできるので
思い出してはやってみようと思います。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

かかと押す、胸椎7番、胸は脱力

床を押して立つ。
バーレッスンであれ、センターであれ
最初はまずそこから。
床を押して立つの基本。
踵で床を押す。その反動が胸椎7番に伝わり
踵と胸椎7番で引っ張り合うように立つのが望ましい。
胸椎7番は、肩甲骨の下のあたりの高さ。
ブラジャーのフロントホックのホックがくるあたり
とも。
踵は、かかとの前のあたり。
この二つで上下に引っ張り合うわけです。
で、これがだんだんできるようになってきたのですが
これをやると、胸に力が入る。
「胸の力を抜いて」と、何度言われたことか。

というわけで、踵と胸椎7番で引っ張りあったら
そのまま胸をチェック。
力が肺っていないか、もっと抜けるんじゃないかに注意。
で、たいてい、それで抜けるようになる。
ということをレッスンで一つひとつのエクササイズが始まる前
要は立って、音楽がかかる前に意識するようにしたら
初めて(?)先生から「力を抜いて」という指摘が1度も出なかった。

ときどき、先生に言われそうになりましたが
すかさず「そうだ!胸の力抜かなきゃ」と慌てて抜き、
先生がよしよし、という感じで素通りしていったことも
何度かありましたが、何とかセーフヾ( 。゜▽゜) ノ
ということで。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

まずは足の指先を上げて立ってみる

まっすぐ立つうえで大事なことの一つは
足の裏は「かかと前(距骨の真下)」「親指の付け根」
「小指の付け根」の3点で立つこと。
これら3点で床を押すようにして立てば
自然に土踏まずは上がるし、足の裏は前後、左右ともに
アーチをつくるようになる。

ここでもう一つ注意したいのが
「指には力を入れない」「指は床を押さない」
ということ。
あくまで押すのは指の付け根の部分。
指は脱力が基本。

で、これができているかを確認するためには
まずは足の指をそらせて、床に着けないようにするといい。
これで親指と小指の付け根で床を押しているか確認できる。
できたら、指をそっと下ろしましょう、
という感じ。

で、この親指と小指の付け根とかかと前の3点で立つ
が、やはり難しいわけです。
なんか微妙に違うなと思いながら、
重心を微妙に前後左右に動かして、正しい立ち位置を探す。
このとき足の指先は床から浮かせた状態。
そんな格好で最近、テレビなどを見たりして
正しい重心のかけ方を模索しています。


posted by コロコロ at 18:49 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク