2017年09月20日

センターのプレパラシオン、まずは5番から!

センターレッスンで、プレパラシオンが
前タンジュや後ろタンジュ、ということが、けっこうあります。
要は前タンジュで用意して、そこからピケターンするとか
後ろタンジュで用意して、ワルツステップを踏んだりとか。

と、言葉ではもっともらしく書いてますが、
じつは、ちゃんとできていない自分に気付いた。
形こそタンジュみたいなふりをしてますが、
バーレッスンなどでやるタンジュに比べたら、
緊張感や丁寧さに、まったく欠けることに気付いた。
だから始まる前、先生から「もっと引き上げて!」
なんて言葉も出たりする。

ここはやはりバーレッスンを思い出すことが正解でしょう。
まず5番ポジションで立って、そこからおもむろにタンジュ。
そこでキープして音楽が鳴るのを待つ。
実際、このように段階を踏んでのプレパラシオンにしたら、
センター時の私とは思えないほど、体の中心が細く、高くなり
次の動作も軽く行えるようになりました。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

ワルツ、脚はカウントに沿って動かす!

センターレッスンで出てくるワルツ。
優雅な動きを要求されますが、ここで忘れがちなのが脚の動き。
上半身や腕の動きを優雅にしようとするあまり
脚までのんびりした動きになる人が多いらしい。

腕はカウントからやや遅れぎみになるぐらいのほうが
ニュアンスが出て、いい感じの動きになりますが
脚も同じように遅れ気味にすると、ただのリズムに遅れた動きになる。
脚はカウントに沿って、1、2、3とステップを踏む。
つまり脚はイチ、ニイ、サンと動かし、
腕はイ〜チ、ニ〜イ、サ〜ンという感じで動かす。
脚は上半身の動きにつられないようにすることが大事なようです。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

アッサンブレは、付け根から集める!

センターレッスンで出てくるアッサンブレ。
アッサンブレは「集める」の意味で、
どこを集めるかというと、「足」だとばかり思っていました。
が!
先生に曰く、「アッサンブレは付け根から!」。

もちろん足も集める分けてすが、
足だけを集めようと意識すると
甘い感じのアッサンブレになるんでしょうね。
付け根から集める!
という意識で集めて初めて、美しいアッサンブレになるのだそうです。

足は、付け根からずっと続いているわけですから
確かにそういうものかもしれません。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

シャンジュマンは足首のアンドゥオールで跳ぶ!

センターレッスンで、ほぼ間違いなく出てくるシャンジュマン。
ヴァリエーションをはじめ舞台で出ることは稀な気がしますが
大事なんでしょうね。
疲れますが……。

そのシャンジュマン、5番ポジションにした足を
跳びながら交換する動きですが
交換することばかり頭にあると、どうも動きが大きくなるらしい。
交換するにあたって、できるだけ脚は開かない。
むしろくっつけたまま交換するぐらいがいいそうです。

で、それを実現するには、脚を交換というより
足首をアンドゥオールにして跳ぶ!
ぐらいのイメージでいいそうです。
確かに足首をアンドゥオールするだけ
と思いながらジャンプして脚を交差させると
ほとんど脚を開くことなく、1本線のような状態で
脚を交換できるようになります。
美しく細いシャンジュマンができている気がして
気分がいいです。




posted by コロコロ at 18:33 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

シャンジュマンはお腹で跳ぶ!

センターレッスンデシャンジュマンをやっているときのこと。
先生が、みんなの跳び方が重いと不満げ。
そんな我々に言ったのが
「足ではなくお腹で跳ぶ意識で」
というもの。

要は「上半身を使って跳ぶ!」という
これまたよく言われる言葉の
もっとコンパクト(?)版。
「上半身で跳ぶ」って、いま一つわからなかったのですが
「お腹で跳ぶ」ならイメージしやすい。

というわけでお腹を意識して、お腹で跳ぶイメージで
シャンジュマンをしたら
とても軽く跳べました。
確かに、いままでの跳び方は「重かった」とも
実感しました(笑)。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク