2018年05月21日

足の指が開くと力が出せない

昨日につづいて、『「筋肉」よりも「骨」を使え!」の話。

今回はパーソナルトレーナーの松村卓さんの話で、
松村さんによると、
5本指ソックスはやめたほうがいいとか。
5本指ソックスだと、5本の指が反ってしまう。
反ると接地のときに指が使えないから、足底筋が張ってしまう。
これはよくないとのこと。
また力士は相手のまわしをしっかりつかむため
手の指をテーピングで固定する。
同じように足の指も開いていないほうが、力を出せると。

バレエの足先も同じなんでしょうね。
指先をくっつけることで力が出る。
だから足先をしっかり伸ばす。
伸ばせば指先もくっつくから。
センターレッスンなどで、動きに気をとられて気を抜くと、
つい適当に足を出しがちですが、つねに指先は伸ばす!
そのためには土踏まずを引き上げる!
このあたり、つねに意識するようにしたいです。








posted by コロコロ at 18:59 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

ピケアラベスクは足元の水たまりを越えるように!

センターレッスンで出てきたピケアラベスク。
どうもみんな、足を近くに出す傾向が。
そんな我々に先生からのアドバイス。
プリエした脚の前に大きめの水たまりがあり
それを飛び越えるつもりで
というもの。

我々のピケアラベスクだと、水たまりにジャボンと入って濡れてしまうらしい……。
たんに遠くへ脚を出すと考えるより
足元に水たまりをイメージしたほうが
より臨場感というか切迫感が出て
遠くへ脚を出せそうな気がします。

posted by コロコロ at 18:27 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

後ろにいる初めての人にわかるように踊る!

センターレッスン、先生曰く
「タンジュとかターンとか、一つひとつの動きはいいけど
 つなぎがよくない」。
写真で撮ったらいいかもしれないけれど、動きとして見たら
隙だらけ、といった感じらしい。
その理由の一つ、動く前のためがない。
動く前に、「これから動きます」というのがわかるように動くことが大事。
そうするとお客さんも安心して見ていられる。
止まっているところから突然!動きだされると
安心して見ていられない
ということになるそうです。

その対策として言われたのが
「後ろの人に、これからどう動くか伝えるつもりで」
というもの。
たとえば後ろに今日始めたばかりの初心者の人がいる。
その人は当然、動きなんて覚えられないから
前の人の動きを真似しながら動くことになる。
このとき、これからどう動くか、ためというか予告のような動きがあれば
後ろにいる初心者の人も、「次はこう動くんだな」とわかりやすい。
そんな動き方を心がけましょう、と。

そんな話のあと、たまたま先週のレッスンを休んだ人が後ろにいて
いまからやるアンシェヌマン、覚えられていないかもしれない
なんてことを考えた。
僣越ながら彼女にわかりやすいよう、
次の動きを意識しながら踊るようにしたところ
何となく先生の言うことがわかった気がしました。
やはりイメージだけでなく、リアルで感じることは大事ですね。
そして後ろの人に教えるためには、
当然、自分がちゃんとわかっていないといけない。
そのアンシェヌマンは前回、まったくダメダメで
家でけっこう真面目に復習していたものでもある。
だからこそ「後ろの人にわかるように」なんて発想もできたわけで
やはり、まずは動きをしっかり覚えておくことが
見ていて安心できる踊りを踊るうえで大前提ですね。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

パドヴレで進行方向の手は頭の上!

センターレッスンで出てくる、スタジオの対角線上を移動するパドヴレ。
ポワント、バレエシューズならドゥミで立って、
テケテケテケと(?)移動するわけですが
このときの腕はたいてい進行方向側はアンオー、反対側はアラスゴンド。
ところが実際には、進行方向側の手はアンオーよりもっと進行方向側に行きがち。
でもこれは間違いで、手は頭の上、つまりアンオーの位置が正解。
それなのに、向こうに進みたい、そのために手で先導したいという気持ちが強いせいか
真上でなく、進行方向のほうに行きがちな人が多いようです。

パドヴレでは上の手は頭の上!
一方、横の手は正しくアラスゴンドの位置。
これも何となく横、という感じで出している人が多いようです。
正しくアンオー、アラスゴンドの位置にあって
体の引き上げもやりやすく、それが軽く速いパドヴレにもつながるのだと思います。



posted by コロコロ at 18:45 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

右回りのワルツでは、背骨もつねに右旋回!

センターレッスンで、ワルツステップを踏みながら1周する
といったアンシェヌマンが出てくることがあります。
右足から踏み出すワルツをしながら半回転、
続いて左足から踏み出すワルツをしながら半回転、
つまりは右回りで1回転、といった具合です。

右足から踏み出すときは、たいてい右を見ながら右手を差し出し、
左足から踏み出すときは、左を見ながら左手を差し出す。
ここで注意したいのが、背骨の動き。
右足から踏み出すときは、背骨はたいてい右回りに旋回しています。
問題は左足から踏み出すとき。
顔は左を見て、手も左を差し出すので、
つられて背骨も左側に旋回しがち。
でも基本的に右回りの動きをしているので
背骨が左側に旋回すると、右回りの動きにブレーキをかけてしまう。
なので左を見たり、左手を差し出したりしても
背骨の向きは右旋回。ここを意識することが大事。
たしかにこのほうが動きがスムーズになりますし
つぎに右回りのストゥニューなんかが出てきたときも
背骨が右旋回を覚えているので、スムーズなストゥニューに
つなげることができます。




posted by コロコロ at 18:44 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク