2017年05月29日

シャンジュマンは脚を伸ばしてから跳ぶ!

センターレッスン、シャンジュマンでのこと。
5番から脚を交互に入れ替えながら跳ぶわけですが
先生が耳を疑うような、でも、言われればそうかも、
という発言。
「跳ぶのは、脚が伸びきってから」

ふつうジャンプというと、膝を曲げて、曲げた膝を伸ばしながら跳びます。
たいてい、伸びている途中の過程で跳ぶと思うのですが
バレエではそうではなく、脚がちゃんと伸びた状態で初めて
床から足が離れると。

いままで跳んでいたシャンジュマンは何だったの??
と思うぐらい、恐ろしく跳びにくい。
でも、以前言われた「かかとで床を押しながら跳ぶ」が
このやり方なら確実にできる。
というか、そうしなければ脚はまっすぐにならない。
でも跳びにくい……。
いままでやったことのない跳び方で、それだけに
「確かにバレエ的な跳び方かも」
ということにもなる。

いままでの私の中の常識に逆らうような跳び方で
本当に大変なのですが、脚をまっすぐ伸ばしてから跳ぶ
を意識して跳ぶことで、また一歩、バレエ的体の使い方に
近づける気はします。


posted by コロコロ at 18:57 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

プレパラシオンで体を引き上げ!

バーレッスンでやっていることでも、センターに出ると
なぜか完全に忘れがち。
そんなことを再認識したのが
センターでのタンジュの練習のとき。

5番ポジションからスタートするにあたり
腕を片手だけ、あるいは両手をアラスゴンドにして
そこからスタートするというのはよくありますが
腕を指示どおりに開くだけで、「よし!」と思ってました。

でも、違うんですね。
腕を開くときに、体をよりアンドゥオールにして、より引き上げる。
たとえ右手を開くだけでも、左側も意識は同じ。
左右とも、よりアンドゥオールにして、より引き上げる。

バーレッスンのプレパラシオンでは、
アロンジェにするときなど、気をつけているつもりですが
センターでも気をつけなければいけないとは(笑)、
まったく想定外でした……。

そして、そこを気をつけてから動き始めると
当然のことながら、体が無茶苦茶引き上がって、
軽く動くことができます。
いままで、いかに沈んだ状態でやっていたか
という話ですね。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

アッサンブレは上げるほうの背中で跳ぶ!

センターレッスンで、アッサンブレが出てきました。
グリッサードしてから跳ぶ、大きいアッサンブレ。
大きく跳ぼうとすると、「プリエをちゃんとしなきゃ!」
ということで、ついプリエする側の脚、
つまり軸脚に意識が行きがち。

でもこれはNGで、たぶん重いアッサンブレになるんでしょう。
「アッサンブレは、上げるほうの背中で跳びましょう」
というのが、先生からのお言葉。
左脚プリエで右脚から跳ぶ場合なら
右の背中で跳ぶ。

たしかに、こちらの背中を意識して跳んだら
いつもり少ない力で、しかも軽く、大きく跳べました。

posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

トンペパドブレの腕は観客に向けて

センターで出てくる、トンベ・パドブレが苦手です。
自分では苦手意識はないのですが
とにかく注意される(笑)。

最大の問題は腕の使い方。
どうも開きすぎてしまう。
いろんな先生が、いろんな表現で
「もっとこう!」
と指摘してくださるのですが
期待に応えられない私……。

そんな中、ついにわかった?と思える方法に出会ったような……。
トンベ・パドヴレは、いろいろなやり方があるでしょうが
いつも問題視されるのが、トンベのときに舞台奥の腕をアラスゴンド
パドヴレで観客側の腕をアラスゴンドにするというもの。
進行方向が舞台の奥から前へ斜めに横切るものとして
体は進行方向を向くのですが、顔や肩は観客側を向く。
このとき観客側の腕が、つい開きすぎてしまう。

そんな私に先生が言ったのが
観客側の腕は、観客に向かって「どうぞ」と
手のひらを差し出すような感じで、
というもの。

なるほど。これなら、ちょうどいい位置で腕が止められます。
つい開きがちになり、腕が体の横より後ろに行ってしまう
クセを抑えることができます。
自分の体が信用できない場合、
もっと即物的に考える方法もある、ということですね。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

エシャペで降りるときはランプの精で!

ポワントのレッスンでエシャペをしているとき
「降り方がうるさい」
という先生からの指摘。
「もっとプリエを使って」
とも。
言われたようにやっているつもりですが
何か違うらしい。

そこで先生が持ち出してきた例えが
「アラジンの魔法のランプの精が
ランプの中に戻るときみたいに」
というもの。
最初、「何のこっちゃ?」という感じでしたが、
要は、ランプの精がランプの中に戻るときって
細く小さい穴の中に入っていきますよね。
大きなランプの精が、小さい穴の中に入っていくように
「す〜っ」と静かに入っていくイメージ。

結局は、体を十分引き上げた状態で慎重に降りる
ということだと思いますが
ランプの中に入ろうと思ったら
確かにそのような体の状態をつくらないと
入れないかもしれません。

5番ポジションに戻るときも
あの小さな穴に入ることをイメージすれば、
曖昧な5番ポジションじゃなく
きちんと、できるだけ面積の少ない5番ポジションを
つくらなきゃ!
となりますしね。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク