2017年04月30日

グランポールドブラ、バー側の肩も注意!

バーレッスンのプリエのとき
グランポールドブラが出てくることがあります。
だいたい5番ポジションか4番ポジションで
斜め前から前カンブレ、横カンブレを経て、
さらに後ろカンブレからアラスゴンドに戻る。

このとき私の頭の中にあるのは
だいたい
腕をなめらかに、
頭も腕の動きについていた
膝は曲げない
脚はしっかり床を踏む
といったところですが、
思わぬ盲点を指摘されました。

「バー側の肩が上がっている」
というもの。
先生に言われて再現したところ
斜め前から前カンブレ、横カンブレまではOK。
その後、後ろカンブレになるとき、肩が上がっている。
確かに「あっ!」という感じで、上がってました。
というわけで、次に肩を上げないように意識して
グランポールドブラをやったところ
いままで知らなかった、未体験な体の使い方。
肩周辺の筋肉が軟らかくなったような気がします。
これまで変に固めた状態でバー側の肩を使っていたようです。

また新たに気をつけなければならない点が一つ増えました。
グランポールドブラ一つとっても、
いろいろあるものです。



posted by コロコロ at 18:17 | Comment(0) | バーレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

グランポールドブラ、横が危ない!

バーレッスンでグランポールドブラが
出てくることがあります。
これの注意点は、たんにグルリと回すのではなく
ちゃんと前カンブレ、横カンブレ、後ろカンブレで
通る場所を通過して回すこと。
と思ってやっていたつもりでしたが
盲点だったのが、反対回りのとき。
通常のグランポールドブラは、
斜め前から前カンブレ、バー側の横、
後ろ、バーと反対側の横といった順に
回していきますが、その反対まわし版。
アラスゴンドにした腕をいったん中に入れて
そこから横を通過して後ろカンブレ、
さらにバー側のカンブレ、前カンブレとなって
アラスゴンドの位置に戻る。
後ろカンブレぐらいまでは、だいたい大丈夫ですが
バー側のカンブレとなると、かなりいいかげん。
後ろカンブレからバー側のカンブレという動きが
ふだんあまりないからでしょうか。
指摘されて「あっ」と気づく始末。
さらに、そこから前カンブレとなると
これまた、さらにいいかげん……。
なんかも、早く終わりたいんですかね。
前カンブレぐらい、ちゃんとやってると思ったら
全然できていませんでした。
反対まわしのグランポールドブラ
意外に盲点であることに気づきました。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | バーレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

バーを持つ手、二の腕はアンドゥオール

バーレッスン中、持ち方について先生からチェック。
「二の腕はアンドゥオールに」

ふつうにアラスゴンドにしたとき、肩から肘まではアンドゥオール
肘から手首まではアンドゥダン、手首から指先まではアンドゥオール
これはよく言われることで、いちおう気にしていますが
バーを持つ手はノーチェックだったかも。
バーは持たない、引っ張らない、上から押さえる程度
ということは気をつけるようにしてましたが
二の腕も要チェックのようです。

「どれぐらいアンドゥオール?」と聞いたら
二の腕を思いっきり外に回されました。
こんなに回してバーを持ったことありません
ぐらいの回し方
というか、それまで回してなかった……。

では肘から先はというと、
バーの上に手を置くには、アンドゥダンにせざるを得ない。

そしてこの腕の使い方で持つと
バーを持つ側の体が、とっても軸が安定します。
床を押している!
という実感が、いままでにないほどあります。

基本的なことなのに、できていないこと
本当にいっぱいあります……。

posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | バーレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

ロンドジャンブアテール、爪先または踵を意識

バーレッスンで出てくるロンドジャンブアテール。
前から横、後ろへ回したり
後ろから横、前へ回したりしますが
ここで先生からのアドバイス。
前タンジュから回すときは
タンジュのときに爪先をできるだけ遠くへ伸ばす。
そこからロンドするときは、踵をできるだけ遠くへ伸ばす。
そんな意識で回すといいそうです。

逆に後ろから前に回すときは
後ろタンジュのとき、踵をできるだけ遠くへ、
回す段階では爪先をできるだけ前へ。
そんな意識で回す。

爪先を遠くへ、踵を遠くへ。
ある意味、目指すところは同じなのでしょうが
脚をどこへ出すかによって
意識すべき場所を変えたほうがいい、ということなのでしょうね。
ロンドジャンブアテールにかぎらず
すべての動きで瞬時にそれができるようになれば
よりきれいな脚の使い方になるのでしょうね……。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | バーレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

親指を中に入れてバーを持つ

バーレッスンのとき、
「バーをつかみすぎ!」
と先生からの指摘。
そんなつもりはないのですが
言われるということは、そうなんでしょうね……。

バーの上に手を添えるぐらいで十分、
と、バーの上に手を置かれてしまいました。

ここで思い出したのが
最近意識している
「親指を中に入れる」
というもの。
手のひらの外にピンと出すのではなく
中に入れる。
手のひらにぴんと出るのは
親指に力が入っているから。
逆に手のひらの中に入れると
親指だけでなく、ほかのいろいろなところも
脱力しやすくなる気がする。

バーレッスンのときも、そのほうがいいのでは?
ということで、せっかくバーの上に手を置くなら
親指は手のひらの中に入れて置くことにしました。
ふつうは外に出して、5本の指をバーの上に置きますが
ものは試しということで。
その手を見て、先生とくに何も言わなかったので
決定的にダメということはないのでしょう。

おおっ!これは効果がある!
という感じではありませんでしたが
とりあえず、しばらくこんな感じでやってみようと思います。


posted by コロコロ at 20:55 | Comment(0) | バーレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク