2017年05月26日

ピルエットの前のアンオーの意味

センターのポワントレッスンで、パッセがなかなかうまくできない人が。
そんな人に対して、先生がしたアドバイスが
「アンオーしながらパッセして」
というもの。
ふだんパッセというと、アラスゴンドやアンナヴァンが多いですが
あえて「アンオー」。
こうすることで体が引き上がりやすくなり
パッセもしやすくなる、とのこと。
実際、アンオーにしながらパッセをすると
とてもパッセが軽くできるようになります。
「その体の使い方を覚えて、パッセをしましょう」
と。

これを見ていて思い出したのが今年の発表会のヴァリエーション。
スワニルダ1幕でアンオーでパドブレしたあと
ピルエットで回る、という箇所があります。
ユーチューブでは、この部分をアンナヴァンやアラスゴンドで踊る人も多いのですが
私の場合、なぜアンオーなのか疑問に思ってました。
おそらくアンオーにすることで、次のピルエットをやりやすくするためなのでしょう。
現実の私は、せっかくアンオーで引き上げた体を
ピルエット前のプリエの段階で、きっちり(?)落していました。
だからピルエットもしにくかったのですね。
アンオーで引き上げた体をそのまま保ってピルエット!
と意識するようにしたら、かなり回りやすくなりました。

アンオーは引き上げのチャンス!
このことは、他の振りでもぜひ生かしたいと思います。


posted by コロコロ at 19:24 | Comment(0) | ヴァリエーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

後ろカンブレするときの手首に注意!

バーレッスンで後ろカンブレするとき
バーと反対側の手をアンオーにした状態で
後ろにアーチを描いていくことがあります。

このとき、「できるだけそらなきゃ!」という意識が強すぎると
手首がおかしな方向に動いてしまうことがあります。
変なひねりが入るというか……。

「あれ?」と思って、後ろカンブレするとき
とにかくアンオーの状態から手首を動かさないことを意識すると
驚くほど手首が軽く感じられ、
いままで、いかに手首に力が入っていて、
またおかしな曲げ方をしていたかを実感しましたぁ

手首を遠くにではなく、肘を遠くにひっぱるイメージにすると
手首はアンオーの状態で保ったまま、
より深い(?)後ろカンブレがしやすくなる気がします。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | カンブレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

プリエは膝を下に下げる理由

少し前、プリエをするときは膝を下に下げる意識でするといい
といった話をしましたが、
その理由について先生から解説がありました。

プリエでは脚の付け根を伸ばすことが重要ですが
逆に縮めてしまう人が少なくない。
膝を下に下ろす意識でプリエをすると
それを防ぐことができるとのことです。

膝を下に下ろす意識でプリエをすると、
ストレスのない、軽いプリエができる気がしますが
脚の付け根が正しい方向に、きれいに伸びるからなのでしょうね。

posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | プリエ、フォンデュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク