2017年11月16日

ダンスバンドで正しいアラスゴンドをつかむ!

最近の先生の集中課題(?)の一つが
正しいアラスゴンド。
たんに両横に腕を出せばいいのではない。
左右に押しつづける感覚が大事で
できているか確認するため、
バーレッスンの最中に先生から押されることもしばしば。
アラスゴンドした腕を先生側から、我々の体側に押す。
これでフニャフニャとなるようだとNG。
正しいアラスゴンドになっていれば、先生に押されても
ビクともしない……らしい。
かといって腕の力で強引に逆らうのも間違い。
足で床をしっかり押して、その反動で体を引き上げ
さらに両腕も外側に張っていれば
先生に押されてもビクともしない……らしい。

「……らしい」と書くぐらいなので、
私自身、いまひとつつかめていません。
そんな人のために、先生が持ちだした便利グッズ(?)が、
チャコットで売っているダンスバンド。
こんなの。
012121-0207-58_M.jpg
要は、太めのゴムを輪状にしたもので、
これを両手の親指と人差し指の間にひっかけ
真ん中は背中にひっかけ、これを軸に両手で外側に引っ張る。
ゴムの力に負けないためには、かなり軸をしっかりさせ
床も押さなければならない。
チャコットのダンスバンドはゴムの力が弱いものと強いものと2種類ありますが
アラスゴンド用(?)には、弱いほうが適しているようです。
強いほうは強すぎて、別の力が入りやすくなってしまう。

もちろんチャコットのダンスはンドではなく、
セラバンドの両端を結んで、輪状にしたものでも問題なし。

ともあれ、バンドを両手で外側に引っ張る。
それも腕の力ではなく、体幹の力で引っ張る。
これがうまくできれば、タンジュで足をだしたとき
驚くほど体が軽く感じられます。
逆にいえば、軽くタンジュが出せれば、それが正解。

我が家には別の目的(というか、何となく)買ってあった
ダンスバンドがあるので、
これを使ってもっか極秘の(?)正しいアラスゴンドをつかむ計画
実施中です。





posted by コロコロ at 18:37 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

タイ古式マッサージでいい感じ♪

少し前、海外赴任中の友人を訪ねてタイのバンコクに行ってきました。
そこで友人から勧められたのがタイ古式マッサージ。
マッサージと言いつつ、たんに手で押したり揉んだりするだけでなく、
施術者が足で背中をグッと押したり、ふくらはぎの上にのっかったりと
全身を使って体を伸ばしてくれる。
日本でもありますが、タイのはとにかく安い。
90分で1200円ほど。プラス担当者に300円ほどチップを払います。
友人も2週間に1度ぐらい通っているとか。

施術の中で、私的にもっともヒットしたのが、
股関節のストレッチ。
太腿とお腹のあたりにてを置いて、上下に引っ張ってくれる。
股関節の前後というと、けっこう微妙な位置なので
ふつう他人に触られることはない。
日本でマッサージやカイロプラクティックなどに行っても
まず、このあたりを触られることはない。
それをタイの方は、遠慮なく当然のように触って引っ張ってくれる。
股関節のストレッチって、自分でもやりますが
自分でやると、どうしても、いつもやっている方向ばかりになる。
違う方向もしようとするのですが、無意識に慣れ親しんだ方向にやってしまう。
それが他人、それもプロの方が伸ばしてくれる方向だと
「えっ、こんな方向にも伸びるの!?」
という意外な方向へのストレッチ。
それも「こっちこそ正解!」と思えるような方向。
ちょっと目からウロコが落ちる思いでした。

おそらく、ここで大事なのは脱力。
施術者の方が伸ばそうとする方向に、恐怖心からつい体を固めてしまいがち。
でも、そこをグッとこらえて、相手が動かそうとする方向に委ねる。
そこで、新たなストレッチとの出会い(?)があるわけです。

相手がいかにもベテランそうな女性というのも
安心して身を任せられた理由だと思います。
いままで使えていなかった筋肉を開発されたようで
今後、ここをもっと使うことを意識して
動くようにしたいと思います。



posted by コロコロ at 18:04 | Comment(0) | ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

後ろタンジュは親指で人差し指を押す!

後ろタンジュというと、「かかと前」で出すが原則。
「つま先から先に出して」
とも言われます。
これを別の言い方で言うと
「(足の)親指で人差し指を小指に向かっておす」
となるそうです。
親指で人差し指を押す。
その押す方向は小指側
となる。
言われてみれば、確かに「かかと前」になるし
「つま先から先に出す」にもなります。

「かかと前」や「つま先から」と意識するより
より繊細な足先の使い方になる気がします。



posted by コロコロ at 18:43 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク