2018年01月12日

中心線を通る大切さ

バーレッスンで苦手なものの一つに、
ジュテ、8カウントを前、後ろ、横にそれぞれ行う
というものがあります。
前へのジュテを8カウントやったら、次はバー側の脚を後ろへ8カウント、
さらに横へ8カウント、最後の8カウントは、前後にクロシュ
といったところでしょうか。
これを、かなりアップスピードで行う。

もっとも、これだけなら、もっと甲を伸ばして!とか
いろいろ注意点はあるとはいえ、さほど壊滅的ではない。
ひどいのは、これに手をつけたとき。
前8カウントのときはアラスゴンドからアンバー、アンナヴァンを経て
再びアラスゴイドに戻る。
いわゆるアンドゥオールに回す。
後ろにタンジュのときは、アラスゴンドからアンナヴァン、アンバーを経て
アラスゴンドに戻る。
横へのタンジュのときは、脚が前からスタートする場合はアンドゥオールに
後ろからスタートするときはアンドゥダンに回す。
それぞれジュテを8回やるのに対し、腕は1回回すだけ。
脚はせわしなく動くのに、腕はかなりゆっくり。
このコンピネーションが苦手で、たいてい途中で崩壊する。

これではいけないと、家で自主練をしたのですが
体以上に、頭の体操をしているような……。
それでも慣れると、ゆっくりなら何とかなるようになったのですが
スピードをあげると、やはり崩壊。
はて、どうしたものか……と思いながら、ふと気づいたのが
アンナヴァンのときの手が、体の中心より、かなり向こうまで動いている。
腕を動かさなきゃ!という思いが強すぎるのか
おそらく体が前にかぶさっている。
その結果、腕が体の中心より向こう側に行くのかもしれません。

これはアンナヴァンとは言わない!ということで
とにかく回す手をアンナヴァン、つまり体の中心までにとどめ、
そこからアンバーやアラスゴンドに動かす。
これを意識したら、不思議なことにジュテとのコンビネーションも
うまく行くようになりました。
変な力みがとれたのかもしれません。

バレエで腕の使い方として、よく「体の中心線を通るように!」
と言われますが、その大事さをあらためて思ったしだい。
バーレッスンのプリエのときも、中心線を意識して腕を動かすと
グランプリエから立ち上がるときも、ずいぶん楽になる気がします。






posted by コロコロ at 18:53 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

頭も押されて負けちゃダメ!

バーレッスンで後ろカンブレをやったときのこと。
「後ろに反らす前に、まず頭をギリギリまで伸ばして」
という先生からのお言葉。
このとき先生が近づいてきて、私の頭を飢えから押さえた。
若干、姿勢を崩す私。

このところ、先生からアラスゴンドのときに腕を体のほうに押されたり
アティチュードのときに膝を体のほうに押されたり、
といった事件(?)が多発。
これらは「肘をもっと遠くへ伸ばす」「膝をもっと遠くへ伸ばす」
ということを身をもって教えてくれているわけで、
ここで先生に押し負けちゃダメ。
ただし力づくで抵抗するのもNGで、床を押して体幹をしっかりさせることで
肘や膝も伸ばし、先生に押されても負けないようにしなければならない。

後ろカンブレのときに頭を押さえられたのは、
いわば、その頭バージョン。
上から押さえつけられた手に負けないように
床をしっかり踏んで、頭を伸ばす。
実際やろうとしたら、いかに自分の立ち方が甘かったかを痛感。
もう負けません!ぐらいまで頭を伸ばして、
その状態で後ろに反るのが、正しい後ろカンブレ。
正確には、その状態をキープしながら反る、
キープしながら戻ってくるのが後ろカンブレ。

そしてもちろん、その頭の状態は、それ以外でも維持。
先生に負けちゃいけないのは、腕や膝だけでなく、
頭もでしたかと、
言われてみれば陶然ですが、言われないと気づかない。
そんな事柄に、また一つ出会ったしだい。




posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | 体の引き上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

パドヴレ、後ろ脚で進む理由

センターレッスン、レッスン場の斜め後ろから斜め前まで
パドヴレでトテトテトテ(?)と進む。
極めてよく出てくるパで、いろんなところを
過去、数限りなく注意されています。
そんな中でも定番(?)の注意が「後ろ脚で進む」というもの。
たとえば右に進むとき、右脚は前、左脚は後ろの5番となりますが
速く進もうとか、距離を稼ごうとして、つい前の脚から進みたくなる。
でもこれはNGで、パドヴレは「後ろ脚で進む」が原則。

その理由について先生からお話。
当たり前といえば当たり前ですが、パドヴレは5番の脚で進む。
このとき前脚を先に進むと、それは5番でなく2番。
後ろ脚を前にクロスさせ、それに合わせて前脚も進む。
これだとつねに5番のクロスができている状態になる。
「5番で進むパドヴレ」の完成となる、というわけです。





posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク