2017年05月20日

座骨とかかとをできるだけ離す!

タンリエなどでプリエをするとき、
「かかとと座骨を近づけるイメージが大事」
という話を以前書きました。

タンリエに限らず、プリエはすべてそう。
逆に脚を伸ばすときは、かかとと座骨を離すイメージを持つ。

その究極ともいえるのが、ルルベで立つとき。
ルルベのとき、かかとは上がっていますが
そのかかとはできるだけ下向きに働かせる
一方、座骨はそのかかとから、できるだけ離すようにする。
そんなイメージでルルベをすると、体も引き上がり
たんに「まっすぐ立つ」と考えるより、膝も伸びる気がします。
体の重心も真ん中に集まりやすくなる。
まさに、いいことづくめという感じ。
ルルベに限らず、たんに1番や5番で立つときも、そんな感じ。

パッセで立つときも、軸脚のかかとと座骨をできるだけ離す!
を意識すると、やはり、より高さのあるパッセで立てる気がします。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小さく前へならえ」からアンナヴァン

アンナヴァンといえば、体の前で手を集める腕の形。
日本語では「前へ」という意味ですが
ふと私のアンナヴァンは「前へ」になっていないことに気付いた。
ただ「前」で手を集めているだけで
前「へ」という感じになっていない。
おそらく、もっと「前へ前へ」と前へ進む感じで
腕を使い続けることが大事。
そうすることで体というか背中と力を拮抗しあい
前後のバランスをとる。
「上へ」の意味の「アンオー」で、「もっと上に」とか
「下へ」の意味の「アンバー」で、「もっと下に」とか注意されるのと
同じこと。

で、「前へ」という意識を持つにはどうすればいいか考えたとき
浮かんだのが体育の授業などでやった「前へならえ」。
ただ前に腕を突き出すというより、やはり「前へ」というイメージで
腕を出していた気がする。
ただ「前へならえ」だと、腕の位置がやや上すぎて
使ってはいけない僧帽筋を使ってしまいそうな気がする。
そこで思いだしたのが「小さく前へならえ」。
二の腕は下向き、膝から先だけ「前へならえ」をする動作。
こちらのほうが広背筋を使いやすい。

というわけで、まず「小さく前へならえ」をしたあと
その広背筋の使い方で、二の腕と肘から先をアンナヴァンの形に持っていく。
こうすると「前へ」という感じで、さらに広背筋を使った
アンナヴァンにしやすい気がします。

もちろん踊っているとき、こんな動きはできないので
あくまでアンナヴァンの体の使い方を覚えるための
練習方法として。







posted by コロコロ at 16:44 | Comment(0) | 腕の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

かかとで床を掘る!

「かかとをもっと意識して脚を動かしましょう」
というのが、最近先生からよく出るお題。
そこから、かかとを床につけてロンドジャンブをするエクササイズが
出てきたといった話を書いたこともあります

同じことは、もちろんタンジュやジュテでも言える。
これについて、先生が言われたのが
「かかとで床を掘るイメージで脚を出す」
というもの。
タンジュだと、よく足の裏で地面を触るように
あるいは、床にこぼれたミルクを雑巾で拭くように
などと言われたりします。
足の裏をしっかり床につけて脚を出しましょう
ということだと思いますが
その前段階として、まずかかとでしっかり床を押す
その押すをさらにわかりやすく言うと「踵で床を掘る」。
かかとで床を掘ってから脚を前や横、後ろに出す。

かかとで床を掘ってから脚を出そうとすると
そうとうかかとに意識がいっていないと難しい。
というか、骨で立って、腸腰筋なんかもちゃんと使えてないと
できないのではないでしょうか。

かかとで床を掘るつもりで脚を出す訓練をしていくと
骨で立つ、まっすぐ立つ、腸腰筋を鍛える
といった諸々の望ましい方向に近づくように思います。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク