2017年07月17日

意外に似合った(笑)

ようやく発表会が終わりました。
今年の発表会で私が選んだのはスワニルダの1幕。
コッペリアに手を振ったり、プンプン怒ったり、
このアホっぽい……ではなく、かわいらしすぎる踊りが
昔は絶対ダメ!無理!という感じでしたが
歳をとったせいか、なぜか挑戦してみたくなったしだい。
ということで申し込んだのですが、気になっていたのが衣装。

これまで私が着た衣装は全部チュチュ系。
嫌いな人もいるようですが、私はどうせなら脚をできるだけ出したほうが
細く長く見えるのでは??ということで
けっこうチュチュが好き。
そんななかスワニルダの1幕は、町娘の衣装で
膝丈ぐらいまである。
かえって脚が太く見えるのでは?とか
私には可愛いすぎて似合わないのでは?
とか、かなり心配でした。
で、いざ衣装が届き、着てみると、
意外に似合う(笑)。
自分で言うのもなんですが、顔をアップで見なければ
若い娘に見える(自画自賛、すいません)。

本番を前に衣装を着て、俄然やる気が増しました。
衣装が気に入るかどうかも、けっこう大きいものですね。

というわけで、これが本番に着た衣装。
せっかくなので、記念に撮ってみました。
CIMG1884.JPG





posted by コロコロ at 18:42 | Comment(0) | ヴァリエーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

5番に入れるときは背中を広げる

バーレッスンのタンジュやジュテで5番に戻すとき
5番でなく3番の足になっていることが、よくあります。
要はちゃんと5番に戻らず、中途半端な5番になっている。
とくに後ろに戻すときが危ないらしい。
自分では見えないことも大きいかもしれません。

このとき「5番にちゃんと入れなきゃ!」と思って
腰や体をギュッと固めがちになりますが
これは逆だそうです。
むしろ体を緩める。
足は締める、体は絞ることも大事ですが
一方で力を入れないことも大事。
具体的には背中は中に締めるのではなく
外に広げるイメージだとか。

言わんとするところは、何となくわかる。
たしかに体を固めると、5番にはより入りづらくなる。
緩めたほうが関節も自由になって、5番に入りやすくなる。
とは思うのですが、現実にはやっぱり、なかなか5番に入らない。
どちらかというと3番……。
ちょっとしたコツをつかむと、「あっ、この緩め方か」
とわかるような気がするのですが
いまのところ、いまひとつかめずにいる段階です……。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | アンドゥオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

シャンジュマンはお腹で跳ぶ!

センターレッスンデシャンジュマンをやっているときのこと。
先生が、みんなの跳び方が重いと不満げ。
そんな我々に言ったのが
「足ではなくお腹で跳ぶ意識で」
というもの。

要は「上半身を使って跳ぶ!」という
これまたよく言われる言葉の
もっとコンパクト(?)版。
「上半身で跳ぶ」って、いま一つわからなかったのですが
「お腹で跳ぶ」ならイメージしやすい。

というわけでお腹を意識して、お腹で跳ぶイメージで
シャンジュマンをしたら
とても軽く跳べました。
確かに、いままでの跳び方は「重かった」とも
実感しました(笑)。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク