2017年07月13日

伸びる子の共通点

私の家は産経新聞をとっているのですが
連載の中に週単位で「私の履歴書」みたいなコーナーがある。
今週はフィギュアスケートコーチの浜田美栄さん。
京都を中心に関西で活動。
2015年世界選手権銀メダリストの宮原知子さんや
2004年四大陸選手権優勝の太田由希奈さんのコーチとして知られる方。

この方の指導法は、「褒めて育てる」というより
厳しく鍛える。
そのほうが、いざ褒められとき、生徒はうれしいし
そのほうが伸びるという考えからだそうです。
どちらかというと、私の通っているバレエ教室の先生も
このタイプな気がします。

そんな浜田コーチが、伸びる子供たちの共通点について言及。
最初に素直さ、次に賢さを持っていく子は伸びると。
教えられたこと、注意されたことを、まずは受け入れてやってみる。
その中から自分に合ったものを選択して採り入れる。
「でもね」という言葉が最初に出る子は
なかなか伸びません、と。

おそらくフィギュアスケートにかぎらず、多くのスポーツ、習い事に
言えることなんでしょうね。
そのためには指導者に対する、絶対的な信頼も必要そう。
「先生の言うことは正しい」
と思っていないと、従うことはできません。
ただし一方で、
「先生の言うことが、いまの自分に当てはまるとは必ずしも限らない」
といった批判精神も持つ。
これが「賢さ」ということでもあるのでしょう。
でもまずは「素直さ」。
大人であっても、それは同じですよね。

そんなことを思いながら、このことを肝に命じて
今後もレッスンに励もうと思ったしだい。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

終わってもすぐにやめない

バーレッスンであれセンターであれ
曲に合わせて先生の振り付けに従って動くわけですが
このとき一つのエクササイズが終わると
すぐに「はあ〜、終わった終わった」とばかり
油断してしまうのが、私の悪いクセのようです。

みんながまだ終わって余韻に(?)浸っているとき
私ひとり「解除!」とはかり、体の引き上げをやめたり
5番ポジションから、だらしのない足に戻したりしてしまう。

終わっても、すぐにやめてしまうのではなく
いまやった動きで体がやる前とどう変わったか
味わうぐらいの気持ちで体をキープしつづける
そうして初めて、いまやったエクササイズの効果も得られる
とのこと。

というわけで、終わってもすぐに「やれやれ」とやめるのではなく
曲が終わるまで、あるいは10秒ぐらいは
いまやった動きの余韻に浸るようにしています。
けっこう「バレエやっている」という感じがして
「私じゃないみたいw」と思うと同時に
どこか余裕がある人みたいで格好いい気持ちになります。




posted by コロコロ at 18:44 | Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

ピルエットのアンナヴァンは、腕の中に自分を入れるつもりで!

ピルエットのとき、たいてい腕はアンナヴァンですが
このアンナヴァンがどうも体に近すぎるようです。
「もっと遠くに」と言われて、やっているつもりですが
どうも、まだ近いらしい。
そんな私に向けられた言葉が
「アンナヴァンにした腕の中に、自分をもう一人入れるつもりで」
というもの。
アンナヴァンでできる輪の中に、もう一人の自分(?)を入れるつもりで
アンナヴァンをする。
自分を腕の中に入れようと思うと、そうとう大きい輪にしなければならない。
腕の位置が近すぎるアンナヴァンでは、とても入らないので
必然的に遠くに腕を持っていくようになります。

腕を遠くに伸ばしたアンナヴァンをするうえで
けっこういいイメージだと思います。
ピルエットのときって、いろんなことに集中しなければならないので
腕の形にまで、なかなか気が回らない。
そんな中、「自分を中に入れる」とイメージするだけでいいので
けっこう簡単に適切なアンナヴァンがしやすくなります。


posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | ピルエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク