2018年01月06日

目指すはスピードと強さ!

昨年末の冬期講習会シリーズ、今回で最後です(たぶん)。
通常レッスンが年末年始とお休みだったので、
つい、このネタで引っ張ってしまいました。

東京からお招きした先生から受ける注意は、
個人個人というより、全体に対して言われることが多かった。
たとえばバーレッスンでタンジュを終えたあと、
全般的に漂う印象があるのでしょう。
それに対して、問題点を指摘。
もちろん主眼に置いているのは、私のような大人ではなく
中高校生。
その注意を聞いていて思うのは、
「速さ」と「強さ」を求められることが多かったということ。
「もっと、シュッと速く!」
とか
「もっとドゥミを強く使う!」
とか。
中高校生の中には、プロを目指すような子もいるでしょうから
言われた動きをすることはできる。
ただ、正確に動こうとする余り、動きがこじんまりとまとまりやすい。
でも舞台で表現する人になるには、それでは弱すぎる。
そこで、もっと速く、もっと強く、という話になる。
体のトレーニングとして考えたときも、そのほうが体が鍛えられますしね。

以前、テレビで指揮者の佐渡裕さんが、学生のブラスバンドだかオーケストラを
指導する様子を見たことがありましたが
最初に言ったのも「もっと大きな音を出して!」
というものでした。
テレビに出てくるぐらいだから、きれいに演奏することはできる。
でも、それだけじゃあ、つまらない。
観客をハッとさせるほど、大きい音が出せてこそ
人を感動させる音楽になる。
たぶん、そんなことが言いたかったのではと
勝手に思っています。

それと通じるようなことを考えた
今回のバレエレッスンでした。



posted by コロコロ at 18:27 | Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

下手な人ほど隅にいちゃダメ><

去年受けた冬季講習会の話、まだ続きます。
バーレッスンでは、基本的に受講生の主役は中高校生たち
という意識もあって、隅のほうのバーを使っていました。
でもこれ、間違いでした。

大人の参加者の中でおそらく私がいちばんキャリアが短い。
中高生は、キャリアは短くても、もちろん私よりうまい。
ということで、私が中でいちばん下手なわけです。
で、初めての先生のレッスンなので、よく覚えていない振りも多い。
そんなとき、前の人を見て何とか同じような動きをするわけですが
隅だと、ときに見る人がいなくなる。
初日は完全な端ではなかったので、まだ真似できる人がいたのですが
二日目は完全に端っこで、こうなると、どちらかを向いたとき
見習う人がまったくいない。
とくに最初に行う左手バーのとき、見る人がいなかったので
完全にチンプンカンプンでした。
鏡ごしには見えるのですが、左右が逆になるので
結局、わけがわからない。

ここは図々しく、中高校生の間、あるいは大人でも
うまい人たちの間に入れてもらい
そこでやったほうが、とりあえずはついていけたような。

実際、初日に端っこだった人は、私よりキャリアが長く上手いのですが
二日目には中高校生の間に入れてもらっていたので
彼女は初日に学習したのでしょう。

下手な人ほど遠慮しちゃダメ!
とくに慣れていない先生のときほど、遠慮しない!
親しくない、上手い人たちの間に入るのは、けっこう勇気が要りますが
バーレッスンの間中、ついていけない><
一人だけおかしな動きをしているTT
という思いでいるよりは、よほどいいと認識を改めました。



posted by コロコロ at 18:29 | Comment(0) | バーレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

ジュテはリノリウムをつまみ上げるように!

昨日、一昨日に続き、今日も講習会で先生から窺った話。

ジュテではドゥミをしっかり使って、ドゥミで床を蹴ってポワントになる
あるいは甲を出すことが大事と言われます。
このドゥミをしっかり使ったジュテについて
「床に敷いてあるリノリウムのシートを指でつまみ上げるように」
とのこと。
私の通っているバレエ教室では、床の上にリノリウムのシートを敷いていることから
出てきた表現ですが、
指でリノリウムのシートをつまみ上げようとしたら
相当な力が必要です。
それぐらい、力強くドゥミを使うということでしょう。
たんに「ドゥミを使う」と思うよりリノリウムをつまみ上げるのほうが
より土踏まずも収縮させやすく、甲も伸び、
足の裏の縦と横のアーチも大きくできる気がします。



posted by コロコロ at 18:58 | Comment(0) | タンジュ、ジュテ、グランバットマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク