2017年05月18日

プリエは膝を下に

プリエというと、「膝を横に」というイメージがあります。
アンドゥオールした状態でプリエをすると
膝は必然的に横に曲がる。
逆にいえば、横に開くイメージでプリエすることで
アンドゥオールがしやすくなる。

と思っていたのですが、バーレッスンで最初のプリエのとき
先生が「プリエは膝を下に」と、
「何ですか??」
みたいな発言。
そのときは「???」のままレッスンを終えたのですが
家でゆっくりやってみると、確かに「膝を下」もありだな、と。
膝を曲げれば当然、膝は下に下がります。
もちろん足は1番とか2番とかに開いているので、横にも開きます。
では「膝を横に」と「膝を下に」の何が違うかというと
「膝を下に」と意識してプリエすると、筋肉ではなく骨で動かす
感じになりやすい。
「膝を横」だとアンドゥオールしなきゃ!という意識が働き
へたをすると無理のない骨格に自然なプリエではなく
筋肉を使ったプリエになる。
それが「骨を下にだと、ある意味、重力任せなところもあるので
筋肉をさほど使わず、骨の自然な動きに従ったプリエになる(気がする)。

実際、「膝を下に」を意識すると、
いつもとちょっと感覚の違うプリエになり
それが体を軽く使えたり、より正しい筋肉を使ってのプリエという感じがして
ちょっした新鮮さや感動がありました。


posted by コロコロ at 18:33 | Comment(0) | プリエ、フォンデュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

踵と座骨の距離に注目する

センターレッスンでタンリエをしたときの話。
5番プリエから前の脚をタンジュして、
プリエした脚を伸ばしながら、前の脚に重心移動。
そんな感じの動きですが、このとき先生が言われたのが
「踵と座骨の距離に注目して」
というもの。

プリエをするとき、踵と座骨の距離は短くなる。
プリエから伸びてタンリエするとき、この踵と座骨の距離を離す意識で、
と。

膝を曲げれば、踵と座骨の距離は、当然短くなります。
膝を伸ばせば、踵と座骨の距離は、当然長くなります。
あまりに当たり前の話ですが
先生が言いたいのは、たぶん筋肉ではなく、骨を意識して
動きましょう、ということ。

たんにプリエからタンリエと考えるより
骨の距離が近づいたり遠ざかったりする
と考えて動いたほうが、
確かに体を軽く、大きく使える気がします。

筋肉ではなく「骨で立つ」は、無駄に筋肉を使わないために
重要な考え方、立ち方ですが
動く場合も同じ、ということですね。

posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | プリエ、フォンデュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

ときどき内腿を触ってみる

バーレッスンでルルベパッセをしたとき、
「もっと引き上がる!」「もっと体の中心で立って!」
などと指摘を受け、
「こんな感じですか??」と、あれこれ頑張り
「そう、それ!」
とOKをいただいた
……と思いきや、
先生、私の軸脚の内腿を触って
「あとは、ここが硬くなっていれば^^」
って、それって、全然「それ」じゃないじゃん(笑)。

自分ではちゃんとまっすぐ立ったつもりなのに
内腿が硬くなっていないということは
まっすぐ立ってない、外側にまだ重心が逃げている
ということですよね。

パッセしながら内腿を触るのは難しいので
1番で立ったときに内腿を触ってみたら
これもけっこう微妙……。
ダメじゃん。
1番で内腿使えていないのに、パッセというかルルベで
使えているはずがない。
ということで、最近、思い出しては内腿を触って
硬くなっているか、確認するようにしています。
けっこう硬くなっていないことが多く、
そんなときは、タンジュをしてみる。
タンジュのときは、ちゃんと内腿が硬くなっている。
そのときの脚の使い方を維持したまま1番ポジションに戻せば
内腿が硬い状態で立てる。
さらにその状態を維持してルルベやルルベパッセに持っていけば
やはり内腿が硬い状態を維持できる。

そんな感じで内腿が硬いルルベパッセを目指しています。
体の使い方、まだまだうまくできていないようです。



posted by コロコロ at 19:00 | Comment(0) | まっすぐ立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク